黒髪でも重くならない!ヘアアイロンで作る巻き髪攻略法♡

2018年2月13日 23:01
 



1.黒髪で抜け感を演出する「無造作ヘア」

所 渉 @wataru570603
ショート〜セミロングの黒髪さんは、無造作ヘアをマスターすることで野暮ったさを解消しましょう。使うヘアアイロンは、ストレートタイプでもカールタイプでもOK

手のひらにベビーオイルを少量とり、髪に馴染ませてツヤ感をアップさせたら、ヘアアイロンで毛束をすこしずつ取り巻いていきます。

このとき、トップだけヘアアイロンで巻くのはNG。黒髪で直毛だという人はトップだけやんわり動きをつけても、ほかの部分が重たい印象になってしまうのでかえって巻いた部分が浮いてしまいます。

全部の毛束を同じ動きにするのではなく、巻く太さや毛先の外ハネ、内ハネを分けて上手に仕上げましょう。

仕上がったら最後にワックスを手にとり、髪の毛全体に揉み込んで動きをつければ無造作ヘアの完成です!

2.柔らかな外ハネスタイルでナチュラル美人に

菅谷昌央@masaosugaya
今トレンドの外ハネスタイルは、柔らかく作るのがポイントです。

カールタイプのヘアアイロンを使い、毛先だけを外ハネにするのではなく、トップから毛先までしっかり動きをつけてあげましょう。

顔の形や顎のラインによっても似合う巻き髪スタイルは異なってきますが、写真のように楕円形ですらっとした美人さんタイプならサイド部分に一度ボリュームを出すように巻いてあげるのがおすすめですよ。

3.ウェーブで垢抜けた外国人風スタイルに

花本ノリタカ @noritaka_hanamoto
巻き髪はどうしてもお嬢様風に仕上がってしまう…とお悩みなら、ウェーブスタイルに挑戦してみてください。

毛先だけでなく、髪全体に動きをつけるウェーブスタイルなら、まるで外国人のような垢抜けヘアに仕上がります。

aijimatsui @aijimatsui
カールタイプのヘアアイロンもいいですが、ストレートタイプのヘアアイロンもウェーブを上手に作ることができますよ。ストレートタイプのヘアアイロンで少しずつ毛束をはさみ、トップから毛先に向かって内側、外側に動かしながら下げていくだけでOK

毛束を少量ずつとることで、動きのついたきれいなウェーブスタイルが完成します。

4.ロングさんは大ぶりゆる巻きで大人に仕上げる

COMPASSタイチ @japan_blue
黒髪で一番野暮ったく、重たくみえてしまうのがロングヘア。

どうしてもお嬢様風に仕上がってしまうとお悩みなら、ゆるーく大ぶりに巻いたカールで髪全体にゆるやかな動きをつけてあげてください。

耳の下あたりから毛先にかけて大きなカールを作ってあげれば、大人びたセクシーな黒髪スタイルに。

COMPASSタイチ @japan_blue
前髪はシースルーバングやワンレン、眉上バングなど軽めにするのがおすすめです。

シースルーはかわいらしい女の子の表情に、ワンレンはかっこいい大人の女性に、眉上バングはあどけなさの残る個性的な女の子の印象を与えることができます。

エリカ@igloo_erika
また、後れ毛が見えるお団子ヘアや編み下ろしスタイルなど、ヘアアレンジの幅が広いのも黒髪ロングヘアの特徴ですね♪

いかがでしたか?

野暮ったい印象を与えやすいと思いがちな黒髪スタイルですが、ヘアアイロンで巻き方をちょっと変えるだけで海外セレブもうらやむ垢抜け黒髪スタイルになるのです。自宅にあるヘアアイロンで、早速今日から黒髪の巻き髪スタイルを楽しんじゃいましょう!

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.