ビューティ情報『40代のメイク、厚塗りは逆効果!正しいベースメイクのやり方』

40代のメイク、厚塗りは逆効果!正しいベースメイクのやり方

2018年4月16日 21:00
 

目次

・厚塗りに見せない重要ポイント
・下地はムラなく丁寧に
・リキッドファンデーションを薄く伸ばす
・スポンジでファンデを馴染ませる
・悩み部分にはコンシーラーを
・フェイスパウダーで仕上げる
40代のメイク、厚塗りは逆効果!正しいベースメイクのやり方


厚塗りに見せない重要ポイント

40代のメイク、厚塗りは逆効果!正しいベースメイクのやり方
satsuki @satsuki_m_orisue
40代の悩み肌、しっかりベースメイクをしても厚塗りに見せないポイントは、フィット感です。
重ね塗りをするのではなく、ベースアイテムを肌にしっかりフィットさせる。そんなメイクテクニックが必要となります。

もうひとつ、40代のベースメイクに必要なのは潤い感。カサカサに乾燥している状態の肌にファンデーションを塗っても、フィットせず浮いてしまって厚塗りに見えてしまいます。

日頃からの保湿スキンケアで、肌に潤いを与えることも重要です。

では、ナチュラル美肌に見せるのに重要な“フィット感”を出す、ベースメイク方法をご紹介します。

下地はムラなく丁寧に

40代のメイク、厚塗りは逆効果!正しいベースメイクのやり方
myrecoup公式 @myreco_up
まずはベース作りです。
朝のスキンケア後、すぐにメイクを始めずに、4~5分時間をおいて、スキンケアアイテムが肌にしっかり馴染んだ頃にメイクを開始してください。

下地は指の腹を使って、細かい部分までムラなく丁寧に塗っていきましょう。ココで手を抜くと崩れやヨレの原因になってしまいます。

下地を塗り終えたらすぐにリキッドを塗らず、2~3分おいて次の段階に進みましょう。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.