ビューティ情報『いつ脂肪は燃えるの?体のメカニズムを知って痩せやすい体を作ろう!』

2019年4月1日 20:30

いつ脂肪は燃えるの?体のメカニズムを知って痩せやすい体を作ろう!

目次

・脂肪が燃えるって、どういう状態?
・お腹が鳴ったら脂肪燃焼の合図♡
・空腹時は甘いもの厳禁!
いつ脂肪は燃えるの?体のメカニズムを知って痩せやすい体を作ろう!


脂肪が燃えるって、どういう状態?

いつ脂肪は燃えるの?体のメカニズムを知って痩せやすい体を作ろう!
KITTIKUNMONGKOL NARUDON/Shutterstock.com

まずは、私たちの体内で脂肪が燃えるメカニズムについて見ていきます。

私たちの体についている脂肪は、体内で使い切れず過剰となったエネルギーを中性脂肪として蓄えられたもので、脂肪が燃えるとはこの貯蔵物を消費するということです。

脂肪はいわば体内に貯めこんだ固形燃料のようなものなのです。

この蓄えられた脂肪はそのままの状態では燃えません。

まずは脂肪を燃焼できるよう、遊離脂肪酸という形に分解される必要があります。

その分解には、運動が欠かせません。

運動をすると脳が「活動エネルギー」を感知し、アドレナリンやノルアドレナリンを分泌。

これにより、脂肪を分解する酵素である「リパーゼ」が活性化し脂肪を遊離脂肪酸とグリセロールに分解してくれるのです。

分解された脂肪は、エネルギーとして消費されます。

これが脂肪燃焼の仕組みです。

ダイエットを効率的に進め、痩せやすい体を作るためには、運動で分解を促すだけでなく、そもそも脂肪の分解酵素である「リパーゼ」の分泌を促進させることも重要。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.