ビューティ情報『その身体のダルさ、要注意!夏にかけて増える"糖質バテ"って?』

2019年5月30日 20:30

その身体のダルさ、要注意!夏にかけて増える"糖質バテ"って?

目次

・食後の倦怠感に要注意!「糖質バテ」とは
・糖質バテを防ぐ食材はズバリ「まいたけ」
・まいたけを使ったおすすめ麺レシピ
その身体のダルさ、要注意!夏にかけて増える"糖質バテ"って?


食後の倦怠感に要注意!「糖質バテ」とは

その身体のダルさ、要注意!夏にかけて増える"糖質バテ"って?
peach100/stock.adobe.com

クーラーが効いた部屋にこもっていたり、暑い夜、寝苦しくて睡眠不足が続いたり…夏バテは、誰しもがきっと経験のある、夏ならではの体調不良です。

では、しっかりと食事を摂り、体温調節に気をつけていれば、全身の倦怠感や食欲不振に陥ることはないのでしょうか?

実は、一見夏バテ対策ができているように見えても、「血糖値がコントロールできていないと夏バテのような疲労感を感じることがあります」と循環器専門医の池谷敏郎先生は話します。

これが、食事による急な血糖値の上昇、下降が原因となって引き起こされる「糖質バテ」なのです。

糖質バテを引き起こす可能性のある人は、下記の通り。

一つでも当てはまったら注意が必要です。

①暑くて食後は体を動かさないことが多い

②1日のうち8時間以上、冷房の部屋で座っている日が多い

③缶ビールを毎日2本以上飲む

④冷たい麺類だけで食事を終わらせてしまうことが多い

⑤食後にアイスクリームなど甘いものを頻繁に食べる

⑥1日に摂るカロリーのうち、6割以上を「1回の食事」

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.