ビューティ情報『熱中症シーズンに実は起きやすい!水分の摂りすぎで起こるトラブルって?』

2018年6月21日 18:00

熱中症シーズンに実は起きやすい!水分の摂りすぎで起こるトラブルって?

目次

・1.「低ナトリウム血症」とは
・2.正しい水分補給とそのタイミング
・3.おすすめミネラル補給食材
熱中症シーズンに実は起きやすい!水分の摂りすぎで起こるトラブルって?


1.「低ナトリウム血症」とは

熱中症シーズンに実は起きやすい!水分の摂りすぎで起こるトラブルって?
5ph/stock.adobe.com

外での運動や、海やプールでの水遊び、クーラーの効いていない暑い部屋で過ごすなど、夏場、わたしたちの身の回りには常に熱中症の危険が潜んでいます。

熱中症対策として基本中の基本とされているのが、適度な水分補給。

喉が乾く前に、しっかりと定期的に水分補給をすることで熱中症を防ぐことができますが、実は、水分を大量に摂取しすぎると血中のナトリウム濃度が下がり、「低ナトリウム血症」という状態になってしまいます。

これがいわゆる「水中毒」です。

水中毒になると、めまいや吐き気、下痢、頭痛などの症状が起こるだけでなく、重度の場合は錯乱、意識障害などを引き起こし、最悪死に至ります。

新百合ヶ丘総合病院の救急センター長である伊藤敏孝先生によると、この水中毒は体温調節がうまくできないちいさな子どもやお年寄りにも見られるとのことです。

2.正しい水分補給とそのタイミング

熱中症シーズンに実は起きやすい!水分の摂りすぎで起こるトラブルって?
naka/stock.adobe.com

前述した通り、低ナトリウム血症は血中のナトリウム濃度が下がることで起こります。

ですので、対策のためにはただの水道水などで水分補給を行うのではなく、しっかりとナトリウムやミネラルを補給できる飲み物を摂取することが大切。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.