ビューティ情報『【美容師さんに聞く】タイプ別!枝毛対策の正しい方法は?さらつや髪を叶えるヘアケア♡』

2018年11月15日 21:30

【美容師さんに聞く】タイプ別!枝毛対策の正しい方法は?さらつや髪を叶えるヘアケア♡

目次

・枝毛ってどうしてできるの?
・枝毛が出来てしまったときのヘアケアはどうすればいい?
・髪を痛ませないためのケア
【美容師さんに聞く】タイプ別!枝毛対策の正しい方法は?さらつや髪を叶えるヘアケア♡


枝毛ってどうしてできるの?

【美容師さんに聞く】タイプ別!枝毛対策の正しい方法は?さらつや髪を叶えるヘアケア♡
Monthira/Shutterstock.com

数か月美容室に行っていないと目立ち始める枝毛。

毛先が枝のように2本3本に分かれ、色も白っぽくなります。

指でつまむとピッと毛先だけちぎれてしまい、枝毛がなくなったのでそれでいいか、と放っておいてしまうこともしばしば。

でもこれは正しいケア法ではありません。

まずは枝毛ができる理由と過程を学んでみましょう。

美容師・田中さんからのコメント
「ヘアカラーやパーマ、乾燥や静電気によるダメージによって枝毛は出来ます。
ダメージにより髪が損傷し、髪の弾力が失われたことにより、玉結び状態に
なったり裂けたりしてしまいます。髪の毛は死んだ細胞なので、一度ダメージ
してしまうと蘇ることはありません。」

髪の毛には艶やさを保つために必要な水分が貯蓄されており、それは髪表面にあるキューティクルというもので守られています。

しかし紫外線やドライヤー、アイロン、エアコンの風などの外的要素で髪表面がダメージを負い、キューティクルが剥がれてしまうと中に貯蔵してある水分が失われてしまいます。

水分が失われ乾燥した髪はダメージに弱く、弾力もなくなり、少し引っ張るだけで縦に裂けてブチっと切れてしまいます。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.