ビューティ情報『ホントに肌にいい?無添加化粧品の良いとこ悪いとこ』

2018年11月17日 21:30

ホントに肌にいい?無添加化粧品の良いとこ悪いとこ

目次

・無添加とは?
・無添加化粧品の良いところ
・無添加化粧品の悪いところ
・化粧品は自分に合ったものを選ぶことが大切!
ホントに肌にいい?無添加化粧品の良いとこ悪いとこ


無添加とは?

ホントに肌にいい?無添加化粧品の良いとこ悪いとこ
toshietty14/ stock.adobe.com

そもそも、『無添加』の本当の意味を知っていますか?
なんとなく、余計な成分が使われていないので肌に優しいといったイメージしかないのでは?

基本無添加とは、『パラベン等の防腐剤や香料、界面活性剤等アレルゲンとなる可能性が高い人工添加物が使われていないもの』なのです。

もちろんアレルゲンとなる可能性が低い無添加化粧品ですが、無添加化粧品=肌に良いではなく、無添加でもそうじゃなくても自分に合った化粧品を選ぶ必要があるのです。

無添加化粧品の良いところ

ホントに肌にいい?無添加化粧品の良いとこ悪いとこ
Fumie/ stock.adobe.com
アレルゲンとなる可能性の高い成分の配合が少ない

敏感肌の方にとっては化粧品の成分で逆に肌悩みが深刻になってしまう可能性があります。

その可能性を極力少なくしたのが無添加化粧品なのです。

人工添加物が少ない

本来肌の再生は自然に行われているものです。

その自然の循環に人工的に作ったものを取り入れるのはどうなんだろう・・・と思う方もいるのでは?

無添加化粧品は人工添加物に抵抗がある方も安心して使うことが出来ます。

無添加化粧品の悪いところ

ホントに肌にいい?無添加化粧品の良いとこ悪いとこ
miya227/ stock.adobe.com
成分それぞれに役割がある!

無添加化粧品の多くに『パラベンフリー』や、『アルコール不使用』と書かれています。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.