ビューティ情報『20代のメイクそのまましてない? 30代から見直したい眉メイクのHow to』

2019年7月16日 22:00

20代のメイクそのまましてない? 30代から見直したい眉メイクのHow to

ペンシルではある程度の輪郭と眉の雰囲気を作り、その次にパウダーを使います。
パウダーを使用すると全体の色付けができ、更にはふんわりとした自然な眉に仕上げることができますよ!

眉マスカラでちょっぴりイメチェン

眉マスカラを使用するなら、基本的には自分の髪色より少し暗めの色を使うのがオススメ。
髪色より少し暗めの色を使うと、眉だけ浮くことなく自然な印象になります。

ほんの少しだけ明るい色を使うと優しい印象に、暗い色を使うと知的な印象に。

例えばブラウンだとしてもメーカーによって微妙に色合いが変わってきます。
ちょっとした違いの色使いでオン・オフを切り替えるのも楽しいですね。

眉マスカラは1度、眉尻の方から毛流れに逆らってブラシを動かし、その後逆方向に毛流れに沿ってつけるようにします。

このようにすることで、眉毛全体に眉マスカラをつけることができます。

液がたくさんついてしまい気になるときは、ブラシ部分を1度ティッシュで押さえてから使用するといいでしょう。

眉カットはどうする?

20代のメイクそのまましてない? 30代から見直したい眉メイクのHow to
SHIHO @shippolin

最後に眉のカットについてです。
自然な眉を演出するためには、できる限り自分の眉を残しつつ活かしたいところです。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.