ビューティ情報『憎きシミ、そばかす!!メイクでどうやって隠す?』

憎きシミ、そばかす!!メイクでどうやって隠す?

2018年4月9日 20:15
 

関連リンク

・最近のコンビニコスメが優秀すぎます!大手3社の実力派アイテム厳選
・敏感肌には「オフスキンケア」 化学者・かずのすけのトラブル改善法
・【30代40代】女性らしさ感じるオススメなミディアム〜ロング特集


シミ、そばかすを隠すにはまずコンシーラー

SHIHO@shippolin
シミやそばかすは一年中一定の色ではありません。

これは誰しもに言える事なのです。

ターンオーバの乱れや体温の上昇・紫外線の強さなどで濃く見えることがあります。

そんな太陽の黒点ともいえるこの子達をどうやって隠すのか?

答えはやっぱりコンシーラーが有効的ですよね!

以下でコンシーラーの効果的な使い方をご紹介したいと思います。

基本的な隠し方

sachico @sweet_s2_pink
ファンデーションの重ね塗りもやカバー力の高いアイテムを使用するのももちろんですが、やはりコンシーラーはきちんと使用しカバーするほうが綺麗には仕上がります。

シミ、そばかすに対して集中的に重ね塗りが効果的。

ピンポイントで狙いたいので、ペンタイプが使いやすいです。

塗った後は可能な限り、周りとぼかして下さいね。

指より綿棒やブラシ・スポンジなどを使用すると手も汚れないのでオススメです。

コンシーラーで隠した後は、境界線をぼかす様に普段と同じファンデーションを重ねます。

また、コンシーラーで隠したい場所への厚塗りは目立ってしまう為、少しずつ少しずつ様子を見ながらカバーしていきましょう。

コンシーラーは周りの肌よりワントーン明るめを

Yumi @y__stgm
一般的に美容雑誌では、コンシーラーはファンデよりワントーン暗めを…と勧めているのですが、あえてワントーン明るめを推奨します。

肌色にあわせたり、暗めのカラーを使用してしまうと余計に目立ちやすくなります。

なぜなら、時間と共に皮脂と混ざってくすんだりよれたりするのがお化粧。

時間が経過した時に明るいコンシーラーの方がシミ、そばかすが目立たないからです。

少し剥がれた化粧越しにうっすらにじむシミ、そばかす余計に目立ってしまいます。

また、お化粧をする際、気になる部分に目がいかないよう、ハイライトやチークで視線を分散させることを忘れないで下さいね♪
これはコンシーラー以上の効果があります。

目線を避けるメイクアップはオススメです。

思わぬところに隠れているシミも…

YUKI@heroine__snow
知らず知らずのうちに、ビックリするところに隠れているシミもあります。

正面から見ると判りづらいのですが、3面鏡や、美容室で渡された鏡・ふとした瞬間で初めて見つけてしまうシミもあります。

普段からチェックしていれば良いのですが、なかなか気付かないのが死角のシミ、そばかす。

できる前に、一日最低でも10回は鏡をみてチェックする事をオススメします。

メイク直しも含め、自分自身と向き合う事が一番の美容効果♡

携帯などで自撮りして記録として残しておくのもいいですね!

日焼けなどの外部刺激を避け、規則正しい生活でシミ、そばかすを予防して下さいね♪

<監修者情報>

【カシワバマリコ】

監修者情報
felicita.cosmetic 代表ビューティーアドバイザー

1982年、札幌生まれ。

学生時代から美容が大好きで、沢山のコスメを試し24歳で長男誕生をきっかけに「息子達が20歳を過ぎても一緒に歩ける女性でいる」という決意から、さらに美を追求するように。

一般企業で働きながら毎日、肌や体の仕組みを勉強するようになり、より知識が欲しいと日本化粧品検定2級を取得。

また、美肌は体の中から作られる事とスーパーフードの持つ力を日々の食事で活用し、家族や世の中に発信していける人になりたいと資格取得。

そして、メイクの可能性はとても大きく、メイク好きをさらに生かしたいとメイクアップアーティストの資格も取得と同時に、スキンケアアドバイザーとしても活動。

その後、自分の本当にやりたい事を考え約15年務めていた会社の地位や名誉を捨て退職。

人生1度きりと言う事・本当に自分がやりたい事を極める為・いつまでも女性である事を発信していく人になりたいと女性起業家に転身。

一人でも多くの女性を綺麗にしてあげたい・力になりたいという思いで札幌を拠点に活動中。

【取得免許】

メイクアップアーティスト・スーパーフードプランナー・スキンケアセラピスト・スキンケアアドバイザー・日本化粧品検定2級
【主な活動】

札幌ビューティープロジェクト札幌女子美容応援プロジェクト

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.