ビューティ情報『ホットヨガと常温ヨガ、痩せるのはどっち?ホットと常温の違いを知っておこう!』

2020年10月8日 22:30

ホットヨガと常温ヨガ、痩せるのはどっち?ホットと常温の違いを知っておこう!

目次

・ホットヨガと常温ヨガの違いって?
・ホットヨガと常温ヨガ、ポイント別に違いをチェック
・ホットヨガと常温ヨガ痩せるのはどっち?
ホットヨガと常温ヨガ、痩せるのはどっち?ホットと常温の違いを知っておこう!


ホットヨガと常温ヨガの違いって?

ホットヨガと常温ヨガ、痩せるのはどっち?ホットと常温の違いを知っておこう!
VladisChern/shutterstock.com

ホットヨガと常温ヨガの大きな違いは、室温です。

どれくらい違うのでしょうか?

まずはホットヨガと常温ヨガとはどんなものなのかご紹介します。

ホットヨガとは

ホットヨガとは室温35〜40度、湿度が55〜65%程度の、蒸し暑い環境の室内で行うヨガです。

1970年代にインド人のビクラムチョードリー氏によって考案されて生まれたホットヨガ。

高温多湿な室内にすることで、ヨガの発祥の地であるインドの環境に近い状態で、ヨガを行えるようにしたそうです。

その後ホットヨガはアメリカのハリウッドセレブの間で大きなブームとなり、世界中に広まりました。

※ホットヨガは少しの運動でも汗をたくさんかくため、脱水症状を起こしやすく、水分補給が欠かせません。

高血圧の方や妊娠中の方など、体調によって受けること自体をおすすめできない場合もあります。

常温ヨガとは

運動するのに適度な温度の室内で行うヨガです。

ホットヨガとの大きな違いは、常温では色々な種類のヨガが行われることです。

強度の高いアーサナも行われたり、瞑想が多く動きが少ないものがあったり、レッスン内容がクラスによって幅広いです。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.