ビューティ情報『台風が多いこの季節に気をつけたい!気象病って?』

2016年9月5日 18:16

台風が多いこの季節に気をつけたい!気象病って?

目次

・1.気象病とは?
・2.気象病の予防法
・3.気圧の変化がわかるアプリや酔い止め薬を利用するのもGOOD♪
台風が多いこの季節に気をつけたい!気象病って?


1.気象病とは?

「気象病」は、天気や気候によって引き起こされる体調不良のことを指し、最近徐々に認知度が高くなってきている病気です。

「気圧」や「気温の変化」などが原因で「頭痛・だるさ・眠気・めまい・消化不良・むくみ・肩こり・ぜんそく」等様々な症状が引き起こされます。

「天気が悪い時や季節の変わり目には必ず体調を崩す」、「ぜんそくや肩こり・腰痛などが悪化する」という人は「気象病」を発症している可能性があります。

気象病は周囲に認知されにくい病気なので、誰にも理解してもらえないことを悩み、そのままうつ病にかかってしまう人もいます。

「気象病」を予防するための方法や、かかってしまった時の対処法を知り、気象病に負けない身体作りをしていきましょう。

2.気象病の予防法

気象病は気圧や気温差による「脳の錯乱」が原因です。

脳が錯乱することで、自律神経のバランスがとりにくくなり、血管が膨張して血圧が下がりすぎてしまうこともあります。

「ストレスを感じている時」や「睡眠不足・疲労が溜まっている時」に特に気圧・気温差の影響を受けやすくなりますので、日頃からストレスを溜めこまず、自律神経の乱れを防ぐ生活習慣を取り入れていきましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.