ビューティ情報『不眠はこころのSOS』

2014年9月15日 03:00

不眠はこころのSOS

不眠はこころのSOS


眠れない、眠っても疲れが取れない。そんな時は、あなたのこころが悲鳴をあげているのかもしれません。

「健康づくりのための睡眠指針2014」の第4条は、睡眠と心の関係に着目しています。

第4 条.睡眠による休養感は、こころの健康に重要です。

眠れない、睡眠による休養感が得られない場合、こころのSOS の場合あり

睡眠による休養感がなく、日中もつらい場合、うつ病の可能性も

睡眠と心には、どんな関係があるのでしょう?

眠っても疲れが取れない、気が重いという方は要注意!

不眠症状が続くと、うつ病などの精神疾患を誘発する可能性があります。また、うつ病になると、9割近くの人は何らかの不眠症状を伴います。

このように不眠と心の病気は、表裏一体の関係にあるのです。具体的には、寝つけない、熟眠感がない、早朝に目が覚めてしまう、疲れているのに眠れないなどの不眠症状には注意が必要です。

特に眠っても心身の回復感がなく、気持ちが重たく、物事への関心が薄れ、好きだったことを楽しめないなどという症状が続く場合は、うつ病を発症している可能性があります。

うつ病の特徴として、睡眠による休養感の欠如があります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.