ビューティ情報『西洋と東洋が融合した睡眠治療に期待』

2014年11月4日 22:30

西洋と東洋が融合した睡眠治療に期待

漢方薬にはさまざまな種類の生薬が含まれているため、実に多くの効能を持っているのです。また、東洋医学では、不眠症に対して鍼灸治療も行われています。

睡眠には自律神経の働きが大きく関わっているため、睡眠障害の多くは自律神経の不調が問題視されています。そこで乱れた自律神経を調節する鍼灸治療が効果的だといわれています。

西洋と東洋が融合した睡眠治療

中医学では、「心(しん)」の働きが乱れたり、悪くなったりすると不眠症状が出てくると考えられています。心とは、脳の働きの一部と捉えられているものです。

これは、西洋医学的な脳や心臓の働きや精神活動や睡眠とも関係する概念であるともいわれています。現在、東洋医学も西洋医学も両方治療へ取り入れている医院やクリニックなどもあり、東西の医学をうまく融合しながら治療が進められています。

今後、研究がさらに進んで、睡眠に悩む人が少しでも減るようになればいいですね。Photo by Cara Faus

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.