ビューティ情報『夜勤明けに不規則な睡眠を繰り返していると●●が乱れる?!』

2014年12月20日 19:30

夜勤明けに不規則な睡眠を繰り返していると●●が乱れる?!

夜勤明けに不規則な睡眠を繰り返していると●●が乱れる?!


看護師や販売業、製造業などの夜勤勤務がある職業の場合、寝る時間が日によって大きく変化することでしょう。普通に日中働いて、夜23時~0時に寝る日もあれば、夜勤で明け方に寝る日もある。

このように寝る時間が不規則になることは、体調の面で支障が生じます。インドの伝統医学の観点からすれば、大きな問題があるようです。

インド伝統医学から学ぶ、夜勤のリスク

夜勤明けで、一日3~4時間睡眠が続いている……。そんなあなたの体は今、「ヴァータ」に乱れが生じているかもしれません。ヴァータとは、インドの伝統医学である「アーユルヴェーダ」によく登場する言葉。簡単にいえば、体内の運動エネルギーのことを指します。

身体の動きだけでなく、神経伝達機能や、胃腸の活動なども含まれます。このヴァータは、不規則な睡眠を続けていると、さらに乱れが悪化し、どんどん体に弊害が生じてきます。睡眠についても、眠りが浅くなる、寝付きが悪い、悪夢を見るなどの悪影響が。これでは、ますます睡眠不足が進んでしまいます。

夜勤明けの不規則な睡眠がもたらす弊害とは?

ヴァータの乱れが引き起こされると、不調は主に神経系、循環器系に出てくるといわれています。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.