ビューティ情報『不眠症の人の多くが自分の睡眠時間を勘違いしている!?』

2015年2月20日 19:30

不眠症の人の多くが自分の睡眠時間を勘違いしている!?

不眠症の人の多くが自分の睡眠時間を勘違いしている!?


睡眠時間はだいたい6~8時間という人がほとんどかもしれません。でも、それはあくまで寝床に入っていた時間ではないでしょうか? じつは、正しい睡眠時間は、その計測方法では得られないようです。一体、どういうことなのでしょうか?

睡眠時間はどう計算する?

「昨日、何時間眠りましたか?」。こう質問されれば、誰もが就寝時間から起床時間までの時間を答えるでしょう。0時に寝て、8時に起きたのであれば「8時間眠りました」と。

でも、この睡眠時間の計算方法は厳密に言えば間違いなのだそうです。いろいろな計算方法があるようですが、総時間から寝つきにかかった時間や途中で目が覚めたときの時間などを差し引く方法が一般的だと言われています。

たとえば、寝つくのに1時間かかって、途中で何回か目覚めた時間が1時間あるとすると、8時間から覚醒の2時間を引いて6時間となります。

不眠症の1つのタイプ

おもしろいデータがあります。上記のようにして計算した睡眠時間と、脳波で計測した睡眠時間には隔たりがみられることがあるというのです。具体的に言えば、自分で計算してみたら6時間なのに、脳波計測では7時間眠っていたということがあるそうです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.