ビューティ情報『睡眠の研究はどう進められてきたのか? その歴史を快眠への道に生かそう』

2015年5月3日 12:00

睡眠の研究はどう進められてきたのか? その歴史を快眠への道に生かそう

睡眠の研究はどう進められてきたのか? その歴史を快眠への道に生かそう


動物にとって不可欠な睡眠。生きる上で大変重要ですが、まだ明らかになっていない領域も少なくありません。
しかし、睡眠に問題を抱える人が増えたことにより、睡眠の科学的な分析が目覚ましい発展を見せています。今回は睡眠研究の歴史を振り返ります。

睡眠研究のはじまりに迫る

現代の科学的な睡眠研究の礎となった研究は、1926年にまで遡ります。この年、睡眠と覚醒のメカニズムを脳の働きから解き明かす調査結果が発表されました。続いて、ネコやイヌの睡眠を研究することで、レム睡眠が発見されます。

1990年代になると、各睡眠段階において脳のどの部分が働いているのかが明らかになっていきます。
睡眠中は、脳も眠っていると思われていましたが、そうではなく、睡眠中は起床時とは違う働きを脳が行っているということが明らかになったのです。

脳と睡眠のメカニズムが解明されてくると、睡眠障害の存在についても明らかにされるようになりました。
このような知見の積み重ねで、現在の睡眠研究が生み出されたのです。

睡眠研究の現在の状況とは?その進歩を知る

現在睡眠の研究は、脳との関係性だけでなく、歯科、耳鼻咽喉科、循環器科、精神内科などのさまざまな専門家からアプローチされ研究が進められています。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.