ビューティ情報『痛くならない「若見え」する40代のヘアルール5選』

2019年2月9日 16:00

痛くならない「若見え」する40代のヘアルール5選

目次

・1.後頭部に若さが宿る。ぺたんこ&白髪はNG
・2.顔まわりに生活感がにじみ出る。ツヤと抜けをつくるべし
・3.あいまいな分け目で白髪もぺた毛もカバー
・4.まとめ髪のおくれ毛はナシよりアリが若見えに
・5.ヘアだけ若くてもダメ!ファッション・メイクと合わせて100点に
痛くならない「若見え」する40代のヘアルール5選


痛くならない「若見え」する40代のヘアルール5選


流行を取り入れたファッションを楽しみたいし、季節ごとに新色のリップやアイシャドウをゲットしたい。ヘアスタイルだって、たまには冒険してみたい。40代はまだ老け込むにははやく、おしゃれにも貪欲です。

しかし、代謝がにぶってなかなか痩せない、疲れが翌日までもちこされる……と体の衰えを日々感じているのも事実。気持ちと見た目とのギャップは悲しいかな、年々ひらいていくばかり。まだまだ若いと思って張り切っていると「痛いオバサン化」してしまいます。

ただ、実年齢よりも少しでも若く見られたいのが女性というもの。そこで、これまで紹介してきたヘアスタイルをもとに、頑張りすぎず、ちょっと手を加えるだけで若見えするヘアのルールをまとめてみました。

1.後頭部に若さが宿る。ぺたんこ&白髪はNG

「後ろから若い男性に声をかけられちゃった♪」

「でも、顔を見てさーっと去っていったわ」

というのはよくあるオバサンネタのようで、そこに若く見えるヒントが隠されています。

後ろ姿で声をかける人は、ファッションやスタイルのよさだけでなく、おそらく「ヘアスタイル」もチェックしていると思うのです。

スタイルがよくても、後頭部に白髪がちらりとのぞいていたら、つむじあたりの毛量がさみしかったら、声をかけていたでしょうか。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.