ビューティ情報『40代のプレ更年期症状と漢方、そして美肌の関係って?』

40代のプレ更年期症状と漢方、そして美肌の関係って?

2017年10月22日 16:00
 

目次

・「なんとなく不調だけれど…」という人にこそ漢方
・私たちの暮らしと密接な漢方
・デルメッドのプレミアム3品がリニューアル新発売されます!
40代のプレ更年期症状と漢方、そして美肌の関係って?


プレ更年期世代とも言われる40代。閉経前後には卵巣機能の衰えから女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が急激に減少し、身体のあちこちに不快な症状が出現します。これらの不調を更年期症状、日常生活にも支障をきたすほど重いものを更年期障害と呼びます。

エストロゲンの低下は誰にでも起きることなのですが、誰もがつらい更年期障害に苦しむというわけでもありません。その人が持つ社会的な因子や心理的因子、身体的な因子が複雑に絡まり合って症状が引き起こされます。

さて、婦人科のかかりつけがある人も、ない人も、40代が興味を持つのが「漢方」。アンケートでも「服用を始めました」「いま検討中です」という声があがります。いっぽう、気にはなるけれど、漢方って高そう、面倒そう、どの医院にどう予約を取っていいかわからないという声も。そんな初歩の疑問を、麻布ミューズクリニック( http://www.muse-kampo.com/clinic/index.html )名誉院長・渡邉賀子先生に伺いました。

なお、渡邉先生のクリニックは漢方医学の視点を中心に、女性のありとあらゆる健康問題に取り組む「頼れる女性専用外来」。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.