「あの人おばさんよね」って言われる!アラフォーの顔まわり3大NG

2017年11月13日 18:30
 



“おばさん見え”を回避すべく、メイクやファッション、ヘアスタイリングに気を配っているつもりでも、ちょっとした“顔まわり”の印象によって、周囲から「おばさんっぽい人」と思われてしまうことがあります。

悲しいかな、どんなに気を配っていても、40代ともなるとやっぱり年齢は随所に現れるので、ちょっと気を抜いているだけでも残念な印象を醸し出しやすいですよね。

「もしかして、私の顔まわりも……?」と思ってしまった40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、乱れていると一気におばさんくさい印象を醸し出しやすい“顔まわり”の3大NGをお話していきます。

 

NG1:カサカサに乾燥した首



 

顔まわりは、顔同様に他人から目に入りやすく、首もしかりです。

タートルネックを着ているときにはしっかりと隠れていますが、胸元が開いているトップスだと、目の前にいる人の首周辺って意外と視界に入ります。

そして、首がシワシワになっていたりカサカサに乾燥していたりすると、一気に老けた印象が加速……!ということに。

顔の保湿はパーフェクトなのに首だけがカサついている様子は、うるおいが足りていないのがバレバレで、いかにも「おばさん!」なイメージも出してしまいます。

「デコルテまでは顔の一部」ですので、顔同様の保湿を心がけておいて損はありません。

もしも、外気の乾燥で時間が経つと首回りがカサついてしまうなら、オールインワンジェルを小さめの容器に移し替えて持ち歩いておくと、外出先でも瞬時にうるおい補給が叶います。

 

NG2:“アホ毛”のような後れ毛



 

もともとくせ毛だったり、加齢に伴って髪が細く弱くなっていたりすると、“アホ毛”とも呼ばれるふにゃふにゃとした髪が、顔まわりや額のうえあたりに浮遊していることも。

40代ともなると、髪にコシが失われてくる人も決して少なくないので、ヘアスタイリングした直後は美しく整っていても、時間の経過とともに髪が崩れてくる方もいらっしゃることでしょう。“アホ毛”は、若い頃にもふわふわしているものですが、40代になってふわふわさせていると、途端に生活感を醸し出しやすいのも事実です。

ゆるめのヘアアレンジをしたいときに後れ毛を出す場合も、しかり。

後れ毛が“アホ毛”さながらにだらしなく浮いていると、抜け感を出すより先に生活感が出てしまうのです。

ゆるふわアレンジをするための後れ毛演出は、40代になったら少し“毛束感”を強めにしたほうが、生活感が出にくくなります。

 

NG3:ワックスのベタつき



 

“アホ毛”やちょっとした白髪をフォローしようと思うと、つい顔まわりにヘアワックスをしっかり塗ってしまう人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、顔まわりのべったりとしたヘアワックスは、思っている以上に他人の目に止まっています。

全体的にべったりとした仕上がりになっている髪は、それだけで脂っぽい印象を与えてしまうことも多く「なんとも言えないおばさんくささ」を醸し出していることも。

本当は、脂ではなくワックスのツヤだったとしても、40代の顔まわりに不自然なテカリがあるだけで、脂のせいで汚らしくなっているようにも見えやすいのです。

アホ毛フォローや白髪を目立たなくする目的でヘアワックスを使うときには、べったりとした仕上がりにはならずにホールド力の高いアイテムを選ぶのが正解。

また、ヘアワックスではなく、スプレーを活用するのもひとつの改善策となりやすく、シューっとひと吹きしたあとに櫛で毛流れを整えると、ヘアワックスの仕上がりよりも自然なツヤ感が出やすくなります。

 

メイクには「おば見えしないように」と細心の注意を払っていても、顔まわりが残念なことになれば「あの人、おばさん!」なイメージも加速します。

おばさんくさく見せないためには、メイクの仕上がりと同じくらいパッと見の印象も大切です。

ドキっとした方は、ぜひ顔のスキンケアやメイクと同じくらい、顔まわりでも“おば見え回避”を狙う工夫を取り入れてみてください。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.