ビューティ情報『【ポーチ拝見】アラフォーのリアル溺愛チークを肌色タイプ別に聞きました!』

【ポーチ拝見】アラフォーのリアル溺愛チークを肌色タイプ別に聞きました!

2017年12月12日 19:30
 

関連リンク

・イガイガ知らずで春を楽しく!海外発・カワイイ喉の保湿グッズ4選
・きちんと塗らないと効果が出ない!パーツ別日焼け止めの塗り方
・季節の変わり目!トラブル知らずのスキンケアを教えて!


チークは、顔色をぱっと明るくしてくる救世主的存在のコスメ。

アラフォー世代ともなると、仕事で疲れているときやプライベートで悩みを抱えているときなどは、すぐに顔色が悪くなりがちなだけに、毎日のメイクにチークを味方につけたいところです。

では、アラフォーのみんなは、どんなチークをリアルに愛用しているの?

今回も、時短美容家の並木まきが、みなさまがこの時期に溺愛しているチークを拝見していきます。

(筆者注:画像は全て各女性の私物。商品名はご本人たちのコメントをもとに記載しています)

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら( https://otonasalone.jp/32078/ )

1:濃淡2色で無限の色が生まれるアイテムを溺愛中!

スタイリスト・上村鮎美さん(39歳)【ピンクベースも入っているオークル肌】


NARS 『デュアルインテンシティーブラッシュ』【5509】
スタイリストとして多忙を極めている上村さんの溺愛チークは、濃淡2色がセットされているNARSのもの。

「ぱっと見では色が濃いように見えますけれど、実は薄付き。

その日の顔色に合わせて、濃淡2色を混ぜながら使っています。

発色が良いので、さっと塗っただけでも顔が明るくなるところが、お気に入りの理由です」

明るめのピンクと、テラコッタ調のオレンジの組み合わせはアラフォー肌を明るく見せてくれる鉄板カラー!

微妙にパールが入っているあたりは、顔色を明るく見せてくれる効果もありそうですね。

 

2:ミネラル処方のナチュラルチークで自然な発色を楽しむ

企業勤務・相澤裕子さん(仮名・39歳)【透き通るような色白肌】


『アクアミネラルリップ&チーク』【ピンクベージュ】
今年のリアルトレンドでもある、ピンクベージュのチークを上手に使いこなしている相澤さん。

「肌によくなじみ、ナチュラルな仕上がりで気に入っています。

オフィスにもオフにも使えるやさしい色で、指でポンポンとなじませるだけで、自然な発色が楽しめています。実は最近、乾燥機の上に置いておいて外出したら、家に帰るまでに落ちてケースが破損してしまいました!(笑)」

なんと、ケースが割れても愛用したいほどの溺愛っぷり!

パキッとした鮮やかなピンクだと、大人の肌にはちょっと強すぎる発色になることも多いだけに、ベージュがかったピンクをセレクトしているあたりは、さすがコスメ上級者です。

 

3:主張しすぎないオレンジでコスパよくツヤ頬を演出

店舗勤務・佐藤しず子さん(仮名・40歳)【イエローベースのナチュラルオークル肌】
インテグレート『メルティーモードチーク』【OR381】
クリーム状のチークだけれどベタつかないと定評がある『メルティーモードチーク』は、瞬時に血色をアップしてくれるチークとして、接客業をしている佐藤さんの定番だそう。

「ツヤ感のある頬になるところが、お気に入りの理由です。品番はオレンジだけど、私の頬にのせるとピンクっぽい仕上がりになります。

2色を指で混ぜて使うこともあれば、濃い色だけを塗って右側の薄い色でツヤ感だけを足すこともあって、プチプラなのに気分で応用が効くところも気に入っています。

発色がいいうえに伸びもいいので、毎日使ってもなかなか減りません」

ベタつかないクリーム状のチークは、乾燥が気になる季節にも使いやすいアイテム。

ツヤ感のある頬は、アラフォー肌のくすみを目立たなくするメリットもあります。

 

 

アラフォー女性たちがリアルにこの冬、溺愛しているチークは「薄づき」や「自然な発色」などのナチュラルなキーワードが共通点でした。

大人らしく、品のいい色を加えて血色を上げていきたい世代だけに、主張しすぎない色みがリアルトレンドになっているようです。

みなさまはこの冬、どんなチークを溺愛していらっしゃいますか?

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら( https://otonasalone.jp/32078/ )

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.