ビューティ情報『自律神経を整える「4つの習慣」医師の実践テクとは』

2018年2月16日 11:30

自律神経を整える「4つの習慣」医師の実践テクとは

 

これらの習慣それぞれをより効果的に実行するちょっとしたコツを伺います。

深夜でも「バスタブにお湯をためて入る」べき

入れるものなら毎日のんびり入りたいお風呂ですが、これから期末にかけては午前帰りの日もあるかも…。迷うのは、お湯をためたほうがいいのか、それともシャワーにして睡眠を優先したほうがいいのか?ということ。ですが、自律神経の調整の観点からは意外な答えが。

「夜遅くても、湯船につかることは大切です。夜にシャワーですと、交感神経が高まり、睡眠の妨げになります」と小林先生。

なるほど、どうにも眠いならいっそ入らずに寝て、シャワーなら朝に浴びたほうがいいのかも。

長めぬるめの入浴と言えば半身浴ですが、これも月に1回2回でもやらないよりはやったほうがいいのでしょうか?

「半身浴は、習慣にしたほうがいいですね」

できれば毎日続けたほうが、ということですね。

呼吸法は人生のベース。歯みがきのようなもの

人間は「呼吸をして」と言われると反射的に「吸う」ものだ、とよく言われます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.