ビューティ情報『40代の顔たるみがワル目立ち!3大NGベースメイク』

40代の顔たるみがワル目立ち!3大NGベースメイク

2018年2月10日 18:30
 

関連リンク

・まさか使ってないですよね…?「うっかりオバ見え」を招く眉メイクアイテム4選
・梅雨のボサ髪どうしてる…? 朝すぐまとまる「プロ直伝スタイリング」
・Green Cosme Make-up!“グリーンコスメ ” でつくるメイク。-vol.4-
40代の顔たるみがワル目立ち!3大NGベースメイク


40代の顔たるみがワル目立ち!3大NGベースメイク


知人からでも見知らぬ人からでも「あの女性、顔がデカイなぁ……」とは、思われたくないもの。

しかし年齢とともに重力にも逆らえなくなり、ちょっとした“たるみ”のせいで、若い頃よりも顔の大きさが目立ってきたと感じている40代女性も決して珍しくはありません。

「私も、最近デカ顔になったような……」と、人知れずため息をついている40代女性のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

今回は、周囲から“デカ顔”な印象を招きやすいNGベースメイクのお話です。

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら( https://otonasalone.jp/32078/ )

NG1:時短メイクでやりがちな「メリハリのない単一塗り」

40代の顔たるみがワル目立ち!3大NGベースメイク


顔の大小にまつわる印象は、メイクの仕上げかたによっても、印象がかなり変わります。

以前からこの連載で「40代になったら、シェーディングを!」と声を大にして提唱させていただいている私ですが、メリハリのない単一塗りのファンデーションは、それだけで“デカ顔見え”を招きやすい点もその理由です。(シェーディングのお話は、よろしければこちら( https://otonasalone.jp/30254/ )からどうぞ)

額や顎先、頬骨のあたりに濃いめのパウダーを加えるだけでも、顔に凹凸が出て“小顔見せ”が狙えるのに対し、単一塗りで仕上げた肌はメリハリに欠け「ドーン!」とした印象に見えやすいため、それだけ“大きな顔”に感じやすいのも確かなのです。

手っ取り早い改善法は、シェーディングを習慣にしていただくのが一番かと思いますが「そこまでは面倒で……」という方は、ファンデーションを塗る箇所を限定し強弱をつけながメイクをすると、“のっぺり”とした印象は避けやすくなります。

NG2:地肌より「数トーン明るいファンデーション」を愛用している

40代の顔たるみがワル目立ち!3大NGベースメイク


「色白に見せたい」「美白が命!」などの理由で、本来の肌色よりも明るすぎるファンデーションを使っていると、その白っぽい仕上がりからデカ顔に見えやすい傾向も否めません。

白は“膨張色”と言われる部類に入るので、白っぽい顔になると、それだけ顔も膨張して見えてしまうリスクが大。厚塗り見えからのオバ見えも招くので、まさに「顔がデカいオバサン」になりやすいのです。

“色白美肌”に見せたい狙いで、肌色よりも数トーン明るいファンデーションを使ってしまうと、その分だけ顔が大きく見えやすいので、どうしても白っぽいファンデーションを使いたい場合は、やっぱりシェーディングが便利。濃いめのパウダーでメリハリを出すようにすると、全体的な“白っぽさ”が軽減され、単色で塗っているときよりも小顔見せが叶います。

NG3:ファンデーションより明るいトーンのパウダーで仕上げている

40代の顔たるみがワル目立ち!3大NGベースメイク


ファンデーションは肌色に合わせていても、仕上げのパウダーが極端に明るいと、こちらも無用な“デカ顔見え”を招きがちです。

最近のパウダーは透明感を出してくれるアイテムが多いけれど、仕上がりが白っぽくなってしまうと、せっかくのメリハリベースも、結局は白っぽいファンデーションを単色塗りしたのと同じような見栄えになってしまいます。

パウダーの色みは、使い慣れてしまうと意外と盲点になっている方もいらっしゃるので「もしかして、今の地肌の色と比べて白すぎるかも?」をチェックするには、十分な太陽光のもとで一度チェックしてみてください。

仕上げのパウダーは全体にはたく方が多いので、ここが白っぽくなってしまうと、ファンデーションの色が合っていてものっぺりした“デカ顔”を招きやすい傾向が強いのです。

メリハリのないのっぺりベースになってしまうと、実際よりも「顔がデカい!」を招きやすいので、40代のメイクでは特に気をつけたい部分です。薄づきにしていても、“色”が合っていないだけで、顔が大きく見えることもあります。

“たるみ”や“歪み”が出始める年代になると、どうしても若い頃の自分と比較して顔が大きく感じられますが、メイクで“デカ顔”の印象を加速させていたら、とてももったいないお話。顔の「大きい」「小さい」は、ぱっと見のイメージでも左右されるので、メリハリのあるベースメイクで“小顔見せ”を狙ってみて。

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら( https://otonasalone.jp/32078/ )

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.