ビューティ情報『たとえ不倫していても「清楚系」に見えている40代女性のメイクって? 』

たとえ不倫していても「清楚系」に見えている40代女性のメイクって? 

2018年2月20日 18:30
 

関連リンク

・【美白化粧水】アットコスメで人気の化粧水3選!すべて試してみた
・梅雨のボサ髪どうしてる…? 朝すぐまとまる「プロ直伝スタイリング」
・トレンドの「ウルトラバイオレット」でいまどきフェイスに♡
たとえ不倫していても「清楚系」に見えている40代女性のメイクって? 


たとえ不倫していても「清楚系」に見えている40代女性のメイクって? 


女性の社会進出が当たり前ともなり、仕事で知り合った相手などと不倫をしている40代女性も決して珍しい存在ではない昨今。

そんな不倫をしている女性の是非はともかくとしても、一般的には、“愛人”などの日陰の身(!)を続けていると、顔や表情、佇まいにもそんな“陰”の雰囲気が出やすくなると言われています。

ところが巷には、不倫をしているのにダークな面をまったく感じさせず、むしろ爽やかな魅力を放つ40代女性も!

「不倫などの人には言えない部分があっても、表には絶対に出したくない!」と思っていらっしゃる40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、たとえドロドロ不倫の真っ最中だとしても「清楚系」に見えている40代女性のメイクに迫ります。

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら( https://otonasalone.jp/32078/ )

1:お肌の「調子がよく見える」ベースメイクが得意

たとえ不倫していても「清楚系」に見えている40代女性のメイクって? 


実際のお肌の調子はともかくとして、“清楚な40代”に見えている女性のメイクは「お肌の調子がよく見える」もひとつの共通項。

肌荒れやシミ、シワなどが目立っている肌だと疲れた様子も醸し出し「なんかワケあり?」と変な疑惑も向けられやすいのに対して、ツヤ感・明るさ・質感が整ったお肌は、丁寧な生活を送っているようにも見えやすいことから清々しい印象を与えます。

不倫など人目を忍ぶ関係をもっている人には、夜遅くまでデートしているなどの傾向もあって“寝不足=お肌ボロボロ”なイメージも伴う反面、お肌がツヤツヤ・ピカピカな女性は、それだけで清楚なイメージがアップして得している面も。

悩みがあると、暗い肌になりがち。そこで「暗い」と対極にある「明るい肌」を目指すだけでも、イメージがガラリと好転するわけです。

2:ぱっと見の印象で「色使いが控えめ」

たとえ不倫していても「清楚系」に見えている40代女性のメイクって? 


不倫などの“人様に言えない関係”を続けている女性には、なぜかメイクがケバめな人も少なくないイメージがあります。

なので、目元が真っ黒だったり口元や頬がやたらに赤かったりと「ケバい!」と思われるようなメイクをしていると、それだけでワケありな雰囲気を醸し出しがちな面は否めません。

他方、実際には不倫をしている女性だとしても、ぱっと見の印象で「ケバい」のイメージがない女性ほど、周りからは「不倫中」などのダークな推測は働きにくくなるのも傾向です。

淡いブラウン系のアイシャドウや爽やかな発色のピンクリップなど、ぱっと見で控えめな色使いをしている女性ほど、周囲からの印象は「清楚系だよね」ともなりやすいです。

3:ちょっと「物足りない」くらいの仕上げ

たとえ不倫していても「清楚系」に見えている40代女性のメイクって? 


一寸の隙もないパーフェクトメイクには、無条件にプロっぽい印象を抱く人も少なくなく、“メイクが完璧=夜の世界や愛人などの“女を売っている”不名誉なイメージもつきまとうことがあります。

他方、ぱっと見で「何かが足りない?」と感じさせるような物足りなさのあるメイクだと、女性の顔は、一気に純情かつ清楚な方向へとイメージが加速。

つまり、お化粧が上手なほうが“美人見せ”には有利な反面、あまりにもお化粧が上手すぎると“隙”を感じさせにくくなることから、“女のプロ感”も出やすいのです。

誰かを「清楚」と評する時には、同時に「純情そう」「ウブっぽい感じ」などのニュアンスが含まれることも多いせいか「清楚っぽい」と言われる人のメイクを観察してみると、ちょっと物足りなさを感じるほどの仕上げ、つまり雑な言い方をすれば、“メイクに不慣れな感じ”が醸し出されているケースも多いです。

そう、あえて「メイクをしないパーツもつくってみる」などの“手抜き感”が、清楚なイメージを出すケースもあるというわけです。

「不倫をしている自分を、誰にも知られるわけにはいかない」あるいは「いつも“不倫していそう”って言われるのが嫌だ」など、“不倫”にまつわるイメージを払拭したく、メイクに頭を抱えていた方は、“清楚”なイメージを目指すと近道に。

「清楚に見える」を最優先にするなら、完璧に“見える”メイクは、避けたほうがベター。実際には手をかけていたとしても、いつも以上に“引き算”を意識するのが、手っ取り早い方法にもなります。

常にパーフェクトなメイクでいるより、ときには力を抜いたメイクで“生身の自分”をさらしたほうが、純情なイメージを醸し出しやすいのもまた真実です。

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら( https://otonasalone.jp/32078/ )

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.