ビューティ情報『目上も目下もギョッ! 40代の「だいぶヤバい」春トレンドなピンクメイク3選』

目上も目下もギョッ! 40代の「だいぶヤバい」春トレンドなピンクメイク3選

2018年3月13日 18:30
 

関連リンク

・Green Cosme Make-up!“グリーンコスメ ” でつくるメイク。-vol.5-
・RMK"真夜中のガーデン”から生まれる妖精フェイスカラー、マーブルリップ&グロス
・クラランス“4色ボールペン”風アイ&リップライナーから夏の限定色
目上も目下もギョッ! 40代の「だいぶヤバい」春トレンドなピンクメイク3選


目上も目下もギョッ! 40代の「だいぶヤバい」春トレンドなピンクメイク3選


本格的な春を前にして、メイクも衣替えしたくなるシーズンの到来です。秋冬よりも、軽やかで明るい仕上がりを狙いたくなる気候なだけに、大幅なコスメチェンジを図っている女性も多いのではないでしょうか。

毎シーズンごとにメイクトレンドは変化するので、流行に敏感な方ほど、メイクでも“旬”を意識していらっしゃるもの。しかし旬顔を狙ったメイクなのに、周囲からはギョッとされていた……!なんてことになれば、少々残念です。

「この春トレンドのピンクメイクをしたいけれど、残念な仕上げにだけはしたくない!」と思っていらっしゃる40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、春のトレンドを意識したつもりが、目下も目上もギョッとさせてしまう「だいぶヤバい」ピンクメイクにまつわるお話です。

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら( https://otonasalone.jp/32078/ )

1:目もとだけが浮いているフューシャ系の「ピンクなアイシャドウ」

目上も目下もギョッ! 40代の「だいぶヤバい」春トレンドなピンクメイク3選


この春は、ピンクな目もとが本格的にリアルトレンド入り。各メーカーからもさまざまな色合いのピンクアイシャドウが出てきているので、自分の肌に合うピンクを見つけるお楽しみも、この春ならではの醍醐味です。

ところが、フューシャピンク系の鮮やかなピンクを40代の目もとに加えてしまうと、くすみも気になり始めている大人な肌とは馴染みが悪く、浮いてしまったような仕上がりに見えがち。オンの日だと、さらにミーハー感も強すぎてしまい、周囲にギョッとされる「だいぶヤバい」仕上がりにもなりやすいです。

スモークがかったピンクやスパイシーな発色のピンクなら、大人世代がデイリーメイクに取り入れやすい色みですので、ぜひ積極的に手にとってみてください。

2:淡い発色を意識しすぎた「白浮きヌード寄りのリップ」

目上も目下もギョッ! 40代の「だいぶヤバい」春トレンドなピンクメイク3選


秋冬のダークなリップトレンドから一変、この春は明るくピュアなピンクリップがトレンド入り。ヌードな見た目の白っぽいピンクや、唇が自ら発光しているかのようなツヤっぽいピンク、クリアな発色のピンクは春らしさを盛り上げてくれる存在でもあります。

ところが、淡い発色を意識しすぎて白っぽく見える色を選んでしまうと、血色に欠け病的な顔に見えるリスクも大なので、気をつけて。他のパーツのメイクとのバランスにもよるものの、くすみの出始めている40代の肌に白っぽいピンクを加える場合、口元だけがニュッと悪目立ちする可能性も大きいのです。

特に、目もとや肌はこれまでと同じメイクなのに、口紅だけをアップデートして鮮やかな白っぽいピンク系に変えてしまうのがデンジャラス。その悪目立ち感から「だいぶヤバい」メイクにも見えやすいのでご注意を。

3:薄づきチークを意識しすぎた「血色の悪い不健康メイク

目上も目下もギョッ! 40代の「だいぶヤバい」春トレンドなピンクメイク3選


この春からは、さりげないチークがトレンドに。いかにも「チークを塗っています」という手法よりも、さりげなく仕込んだ自然な発色で健康的な表情を演出するのが旬なメイクです。

そして「さりげなさ」を心がけると、ぱっと見ではチークを塗っているのかわからないくらいの薄づきを目指したくなります。しかし若い頃より肌の血色が悪くなっていたり色ムラが出ていたりする40代の肌には、薄づきすぎるチークは「だいぶヤバい」な印象を招きがち。

チークが入っていないように見えてしまうと、顔色が悪く見えたり病的なイメージを与えたりしがちなので「あの人、不健康そう!」なイメージも加速させます。

周囲の人から「具合が悪そう」と思われれば、仕事にも影響が出かねないだけに、薄づきを意識するときには色のトーンを控えたりファンデーションの下に塗る工夫を取り入れたりして「主張しすぎないけれどちゃんと塗っている」のレベル死守が、40代肌には鉄則です。

せっかくのトレンドメイクなのに「あの人、だいぶヤバい」なんて思われていたら、悔しいもの。春らしいピンクメイクにアップデートなさる際には、全体のバランスやイメージにも気をつけつつ楽しんでみてください。

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら( https://otonasalone.jp/32078/ )

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.