ビューティ情報『ダイエットに失敗したアラフィフ、ついに医者が5つの生活指導』

ダイエットに失敗したアラフィフ、ついに医者が5つの生活指導

2018年3月17日 17:00
 

関連リンク

・五月病にサヨナラ! 憂うつな気分を吹き飛ばすヨガ「猫伸ばしのポーズ」
・夏バテに効く食べ物6選! 簡単レシピを管理栄養士が解説
・食後はお腹ぽっこり。原因は胃下垂ではなく、弱った腹筋?




健康じゃないとやせてもキレイじゃない。その現実をあなたは直視できますか?

【人生最後(かもしれない)ダイエット戦記】Vol.23はじまります。

前回までのあらすじ:「ピンときたダイエット方法はあれこれ迷わず即試す」アラフィフ藤井。今から2年ほど前、16/10/3の第1回では63.8㎏をマーク、その後も思い出したように連載は続き、前回の第22回では59.0キロ。なんとなくコレジャナイ感にぞわぞわしてます…。

 

体重が落ちればOK、ではない。不健康になった結果



 

みなさん、こんにちは。ダイエット界の負け犬藤井環です。突然ですけど、ロッシーニの『猫の二重奏』を皆様の前で大真面目に歌うのが最近の野望です。もちろんネコ耳としっぽを装着しますよ。演出のために視覚的暴力は不可欠ですからね。

 

っていう冗談言いつつ、お腹痛い。気持ち悪い。苦しい。

 

ええ、胃腸の具合が悪くて、つらい毎日です。

 

食後、必ず具合悪くなって寝込むって、私は呪われてるんでしょうか?

 

旺盛な食欲は残ってるのに、大食漢の私がログアウトです。いえ、本当に食べるのがつらい。これはかなりきつい。毎日、胃がむかむかして気持ち悪いっていうのはストレスです。春なのにウキウキできず、ムカムカしている毎日なんか嫌だ!

 

健康を取り戻すための5つの生活指導→できない



 

このトラブルの相談に近所の内科医A’先生のもとへ行きました。彼は消化器系の専門医でもあります。その診断によると「ストレスと過労が原因」とのこと。

 

「あなたのお母さん、胃腸弱くて、胃潰瘍に年中なってたから遺伝かもね。血圧の低さが遺伝してるんだから、内臓の特徴が遺伝してても不思議じゃないよ」

 

ですね。

母は数年前に他界してるのに、いまだに親類は声で間違えています。きっと声帯とかもそっくりでしょう。

 

「先生、どうしたらいいでしょうか」

 

「薬を飲むほどじゃないから、食事のコントロールと工夫で立て直しなさい。出口はあちらです。帰りなさい」

 

帰宅した私はと寝込む食事量やメニューなんぞをメモに書き出していきました。そしてルールを決めました。

 

まとめるとこんな感じです。

 

1・朝は暖かい飲み物だけ。

2・昼は軽いもので済ませる。

3・夜は炭水化物を摂らず、消化の良い食材でメニューを組み立てる。

4・どのタイミングでも無理と判断したときは食事を休憩。

5・すべての食事量を以前の半分にする。

 

うわ、めんどくさい!

 

これで荒ぶる胃袋が耐えきれるのか?しかし胃腸にスペアがないわけなので実践します。なんだか「太らない人が実行している食事」「ダイエットを真面目にやってる人の食事」に自分が縋る日が来るなんて思ってませんでした。

そんなことできるわけがない!→肌にきた



 

自分で決めたルールでの食事にしましたら、胃のムカムカは軽減(治ってはいない)。しかし深刻な事態が待っていました。

 

肌と髪と爪がボロボロ!どんな化粧品使ってお手入れしても回復しない!髪の毛にブラシをかけた瞬間の抜け毛の量ショックを受けましたよ。これって、ヤバくない?なんか栄養失調ぽいののダメージ、きつくない?

 

世間的にはまだ若いはずの40代は成長期並みに栄養を必要とするようです。いろいろなものの維持のために摂取した栄養が消費されるスピードが速い。摂取した栄養は生命維持を優先して回るわけですから、不足するとこうなっても当然ですね。

 

ワタシ、枯れていくのはかまわないんですよ。加齢で外見変わるのは「進化」って思いますし。梶芽衣子さんの「シワまで麗しい!」っていう極上の「進化」は無理でも、やはり受け入れたいモノなんです。でもね、明らかにヤバめな加齢の変化は嫌だ!

 

そしてこれが私の「2つにまとめた」対策です

 



 

 

どう解決するかを基本に食事ルールを決め直してみました。それがコレです。

 

・食材に関してNGを作らない。量とバランスがすべて。

・胃腸に負担をかけないことを前提にした「食材の置き換え」を行う。

 

この2つだけです!我ながら潔い。

 

食材にNGを作らないってことは、脂質や糖質をゆるくオフするなどのダイエットの基本を無視します。なーんでも食べちゃう。ただし消化が良くなるかもしれないという期待を込めて食材の組み合わせは考えますよ。パスタを食べる場合なら、ちぎった春キャベツを敷いて半生で食べるとかね。これ、かなりおいしいのでおすすめです。

 

食材の置き換えは早い話が消化が楽なものに変えるってだけ。雑炊は消化が良さそうなんですが、私の体質だと胃もたれします。なので、お米が溶けるレベルまで煮込んだり、うどんにしたり、豆腐にしたり、という形で行っています。あと、スープも食べますね。面倒なときだと、お味噌汁で済ませたりもします。

 

ああ、早く回復したい。

 

このままではエフゲニア・メドベージェワ選手そっくりな美少女店員がいるカレー屋さんでバカ食いできない!さっさと回復するぞ。褐色のメドちゃん、すぐまた行くわ!

 

今回の体重:58.0キロ(スタートから-5.8㎏)。健康じゃないから嬉しくない。

 

#ダイエット( https://otonasalone.jp/tags/ダイエット )

#40代の不調( https://otonasalone.jp/tags/40代の不調 )

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.