ビューティ情報『毒出し玄米「7号食デトックス」10日チャレンジ♯3 体感体重は10㎏減?』

毒出し玄米「7号食デトックス」10日チャレンジ♯3 体感体重は10㎏減?

2018年4月14日 11:30
 

目次

・6日目チャレンジ折り返し地点。好調に毒出し中
・7日目7号食生活が日常に。永遠に続けられそう?
・8日目ルイボスティーを持ち歩いて乗り切る!
・ぎゅぎゅぎゅっ!と絞り出す快感にひたる安定期
毒出し玄米「7号食デトックス」10日チャレンジ♯3 体感体重は10㎏減?


毒出し玄米「7号食デトックス」10日チャレンジ♯3 体感体重は10㎏減?


玄米食で体を整え、毒素を排出する「7号食デトックス」の後半戦。だるさや眠気に悩んだ好転反応期も乗り越えて、毒出し作戦も絶好調。小豆と一緒に炊いたもちもち玄米だけの7号食生活も板につき、これが日常になってきた。食欲も安定し、臭覚や味覚なども鋭敏に。6日目以降の体験レポートをどうぞ。

前の話( https://otonasalone.jp/59808/ )

最初から読む( https://otonasalone.jp/59805/ )

【「7号食デトックス」チャレンジ♯3習慣になってきた安定期編】

6日目チャレンジ折り返し地点。好調に毒出し中

毒出し玄米「7号食デトックス」10日チャレンジ♯3 体感体重は10㎏減?


三連休初日。午前中は家で作業。いつも通り寝かせ玄米とごま塩。3日目くらいのもちもち食感なので腹持ちはよさそう。

朝は軽くランニング。でもやる気スイッチは相変わらず入らないので、すぐ歩く。40分、体を動かすことが目標なのでまあいいか。

昼も同じく玄米ごはんのみ。

午後から久々に空手の稽古に行き、ややハードに動く。今までよりもやけに汗がしょっぱいような。水みたいにさらさらの汗が大量に…!デトックスしまくっている?

今日もちびおにぎりを携帯。持ち歩いても意外と食べないことも多いから、非常食というよりお守りとしての感覚。安心感があると心もコントロールできるのだなあ。あらためて体と心はつながっていると気づく。よし、これは10日間チャレンジが終わっても習慣にしよう。

毒出し玄米「7号食デトックス」10日チャレンジ♯3 体感体重は10㎏減?

どこに行くにも携帯していたピンポン玉おにぎりとルイボスティー。これさえあれば街でもウォーキング時でも安心。

夜は前から決まっていた友達との会合。フォーシーズンズのバーで夜景を見ながらシャンパンフロー(つまり飲み放題!)+お料理という素敵なプラン。せっかくの機会なので、デトックス期間でも今夜だけは食事制限せず、好きなものを飲もうと決めていた。

飲んだのはシャンパン2杯と赤・白のワイン、最後のテキーラサンライズをデザート代わりに!(2時間で。よくばりすぎでしょ。根っからのビンボー症。飲み放題だと頑張っちゃう。だから太るのだと実感。確かに友人たちはそこまではりきって飲んでなかった!)

毒出し玄米「7号食デトックス」10日チャレンジ♯3 体感体重は10㎏減?

東京駅を見下ろすフォーシーズンホテル「MOTIF RESTAURANT&BAR」のシャンパンフロープラン。少数精鋭のお料理はダイエッター向き!?

お料理はカルパチョやキャロットラぺ、茸のグリルやハムなどの前菜、白子のソテー(和風だしが美味しい!)と赤身のステーキ一口サイズ(美味しすぎて写真を撮るのも忘れた!)。

いいものを少しだけ、という程よい量。今までの自分なら「こんなの足りん!もっと肉よこせ!締めのラーメン行くぜっ!」というパターンだったのに、胃が小さくなっているからかものすごい満腹感。

よく噛む習慣がついたからか一口一口がすごく味わい深い。いいお肉だからか久々の牛肉はすごくおいしく感じられ、肉汁が胃にしみる。このプラン、おすすめです。このチェレンジが終わってなんでも食べられるようになったらまた行きたいな。

そしていつもならその後に調子に乗って2軒、3軒と行ってしまいそうなんだけれど、しっかり飲んだので満足できたのか、解散。やりがちな地元のバーでの一人二次会にもならず、おとなしく帰れた。えらいぞ、私。ダメな自分から卒業できた気分。

7日目7号食生活が日常に。永遠に続けられそう?

1週間経過!だんだんこの食生活にも慣れてきた。飢餓感はないのでダイエットをしているという感覚はあまりなし。夜寝る前の4時間は食べない、はできるだけ守っているので、起きるとものすごくおなかがすいていて、朝ごはんを食べるのがすごく楽しみ。

ただ、昨日、たくさんのお酒とごちそうをいきなり摂取したせいか、いつもより起きたときの口がねばついていた。のどもやたら乾く。やはり体がびっくりしちゃったのかしら。そしてなによりも…びろうな話で恐縮です。昨日、お肉や脂っこいものを食べたからか大が臭くなっている…!せっかく草食動物みたいな臭いのない状態になっていたのに。

36時間水に浸した玄米を朝、炊いたのでそれをランチに。ちょびっと発芽していて食感はさらにぷちぷちに。バーミキュラで炊くと水も少なくていいから一度に相当量を炊けて便利。この鍋、本当に優秀。

先日のカレーを母がスープカレーにしていて、あまりにもおいしそうでおたま一杯だけスープとして飲む。具がなくてもお肉のうまみや油をすごく感じ、美味しいを通り越して刺激的、重すぎる、という感想。たった数口なのにものすごいこってり感。今の私には強すぎるのかも。

午後は校了のため広尾にある編集部に寄ったので、気になるコールドプレスジュースのお店「trueberry」に行ってみる。プチ絶食で酵素を取りつつ内臓を休ませデトックス、というのは7号食と同じ発想なはず。ならいいや、と1週間続けられたご褒美にケールグリーンのSサイズを。自然な甘みがおいしい。野菜がギュッとつまっているのも感じ、ジュースというより冷たいポタージュスープみたい。細かく砕いたアーモンドの甘みと香ばしさが胃にしみる!

毒出し玄米「7号食デトックス」10日チャレンジ♯3 体感体重は10㎏減?

trueberryのコールドプレスジュースはパワフルな味。このThe Green(800円)もケール、キャベツ、セロリ、しょうがなど野菜がぎっしり。

今までコールドプレスジュースって1000円近くもして高くてうさんくさい(失礼)と思っていたけれど、体が敏感になっているのか、栄養をすごく感じられて、逆にコストパフォーマンス抜群!と感じるように。ここは玄米ランチもやっているから10日間の7号食デトックスが終わったら行ってみよう。

せっかくなので今年オープンした話題のパティスリー「Arnaud Larher」でバレンタイン用のチョコを物色。思わず試食のチョコひとかけら食べてしまう。チョコも濃厚。そしてお高い。でもひとかけらだけじっくり味わうのなら安くていまいちのものより、すごく高価でも本当に美味しいものをひとかけら、のほうが効率いいのかな、なんて思ったり。

夜はいつも通りの寝かせ玄米のみ。ごま塩、梅干し、どうしても甘みを欲した時は甘酒は許されている。今日は妹が漬けた梅干しを添えてみた。超絶美味しい。

8日目ルイボスティーを持ち歩いて乗り切る!

このころから暖かいルイボスティーを常に持ち歩き、寝るときにも枕元に保温ポットに入れてのどが乾いたら飲むように。食べ過ぎるとネバついていた起き抜けの口も、今ではさらり。よく噛む習慣も身についてきた。最初はお味噌汁を一口だけでも飲みたくなったり、卵焼き的なものを欲したけれど、今はそんなに感じない。どんどん草食動物になっていくような…。

毒出し玄米「7号食デトックス」10日チャレンジ♯3 体感体重は10㎏減?

南アフリカの茶葉、ルイボスティーはマグネシウムやカリウムなどのミネラルが豊富。カフェインゼロなのがうれしい。

今日は少しランニング(という名のウォーキングになるだろう。やる気スイッチ入らないから)をする予定だけれど、なかなか原稿が進まない。2時過ぎると寒くなるからそれまでには走り終えないと!うう、終わらない!

以前はそんなときイラついてなんか歯ごたえのあるものを間食したくなるものだったけれど、なくても大丈夫になったのがものすごい変化。お茶で満足できる。あと2日、なんとか行けそうな気がしてきた!

ぎゅぎゅぎゅっ!と絞り出す快感にひたる安定期

過剰な食欲(量ではなく質や幅のね。匂いだけでも味わいたかったり)もおさまり、気持ちも安定。このころから体重もするする落ちてきました。すでに4キロ以上落ち、体脂肪も減り、なによりもシルエットが変わった…!体の厚みがなくなり、長方形の大きな箱(まるで段ボール!)のように固太りしていた胴体にもくびれが。うれしい。着られる服も多くなって昔のパンツをひっぱりだして着れるのに快感。体感体重はマイナス10キロくらいの感覚です。

なので約5キロマイナス、というのはそれしか減ってないの~~~と感じるのですが、運動量は減ったのに(草食化してやる気スイッチが入らなくなったので)筋肉量はそんなに変わらないということ。これは不思議でした。5キロは無駄な老廃物だったということ?そんなお荷物しょって今まで生きていたの?衝撃でした。

毒出し玄米「7号食デトックス」10日チャレンジ♯3 体感体重は10㎏減?


そしてポンポコリーンだったおなかはふにゃっとした感触に。これはわかります。この状態はダイエットやボディコスメで解決できるものではなく、腹筋や背筋が足りないから。絶食してただ脂肪を減らすより、エクササイズで引き締める方が、長く、ラクにその状態を保てるはず。これから時間をかけてエクササイズを続けようとモチベーションもアップしました。

そんな、今まで頭では理解していたはずの、あたりまえのことが腑に落ちると言おうか、体感できたのがなによりの収穫でした。

ということですっかり悟った気分になったワタクシ。まさかあんな落とし穴があるとは!最後の2日間へとレポートは続きます。

前の話( https://otonasalone.jp/59808/ )

次の話( https://otonasalone.jp/60961/ )(4/2111:30公開予定、お楽しみに!)

最初から読む( https://otonasalone.jp/59805/ )

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.