ビューティ情報『クラブママ直伝!40代50代の老化を早める「姿勢ブス」4つの習慣って?』

クラブママ直伝!40代50代の老化を早める「姿勢ブス」4つの習慣って?

2018年3月30日 20:00
 

関連リンク

・産前産後に起こりやすい尿もれ…!おすすめの骨盤底筋トレーニング
・「ママバター」から誕生!天然由来のピーリング化粧水でくすみ知らずの明るい肌に
・ワンランク上の唇に仕上がる♥優秀コスメ【イガリシノブ愛用♪今月のおすすめコスメ Vol.12】




軽やかなファッションにチェンジする春の到来ですが、体のラインが一目瞭然なだけに、「姿勢ブス」の女性を多く見かけます。ファッションやヘアメイクが決まっていても、姿勢の悪さで「ブス」の烙印を押されてしまうのは、大変もったいないこと。CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者が分析してみました。

 

スマホ世代の罠!「巻き肩」



 

肩の位置が内向きに縮まった状態を「巻き肩」と言います。

これは、長時間のスマホ使用やデスクワークが主たる原因。実はこの「巻き肩」、見た目も悪く、周囲にネガティブな印象を与えるうえ、内臓を圧迫して消化機能を弱める美容の大敵なのです。胸を張り、肩甲骨をキュッと寄せ、耳の穴と肩のラインは垂直に保ちましょう。1時間に1度は、肩やひじを後ろに引っ張るストレッチをし、凝り固まった筋肉をほぐすといいですよ。

 

運気を下げ、老化を早める「猫背」



 

 

「巻き肩」と同時にしがちな姿勢が「猫背」です。スマホやパソコン仕事に夢中になるあまり、ついつい腹筋と背筋が緩んでしまうんですね。猫背がクセになると、血行が悪くなるため、上半身に老廃物が溜まり、顔のむくみ、二重アゴにも影響し、あげく、肌のくすみやバストの垂れにもつながるのです。そして、もっと怖いのが、猫背を続けることで「自分に自信が持てず、自己否定の感情が湧いてくる」「仕事にも恋愛にも消極的になる」という精神的な悪影響です。

立っている時も、座っている時も、すっと背筋を伸ばすことを習慣づけましょう。

意外な盲点「合わない下着」



 

体のラインが変わってしまっても、同じランジェリーを着続けている人、意外と多いです。お気に入りのランジェリーを手放したくない気持ちは理解できますが、サイズの合わない下着は、ボディを締めつけ、血行不良の原因にも。特に、サイズの合わないブラジャーは、猫背・腰痛の原因になるうえ、胸がしっかり固定されず、結果的に姿勢が悪化します。まずは肩ひもの長さを調節してみましょう。買うときはきちんと試着し、不安があるならスタッフにもサイズを見てもらい(仮にユニクロや無印でも、スタッフにサイズアドバイスをもらえますよ!)、自分に合ったものを選びます。

 

 

姿勢美人にありえない「短い首」



 

 

人間は緊張すると、肩に力が入って首がすくんだ状態になり、首が短く見えてしまいます。

「姿勢美人」に短い首はご法度!肩の力を抜き、バレリーナのように首をすっと長く見せることで美人度はぐっとアップします。これに加えて、前述した「巻き肩」「猫背」にも気を配りましょう。

ここで少しだけ、首に関する「モテ仕草」をお伝えします。

男性を見つめる時、また、話を聞く時、まっすぐに伸びた首を、時々、左右どちらかに傾けてみましょう。これは「柔らか」「可憐」「情緒豊かな」印象を相手に与えます。

同性に対しては「あざとい」雰囲気を醸しだしてしまうかもしれませんが、ことターゲットが男性の場合は「甘えられている」イメージなので、ぜひ覚えておいてくださいね。

その際、口もとに優しい笑みを浮かべることもお忘れなく。

 

いかがでしょう、「巻き肩」「猫背」「合わない下着」「首のモテ仕草」。

心華やぐ春に向けての印象力アップはもちろん、美容運、恋愛運をパワーアップさせましょう。

 

 

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.