ビューティ情報『即イメチェン! 40代が「3D・4D・5Dマツエク」をオーダーするコツって?』

即イメチェン! 40代が「3D・4D・5Dマツエク」をオーダーするコツって?

2018年4月8日 18:30
 

関連リンク

・最近のコンビニコスメが優秀すぎます!大手3社の実力派アイテム厳選
・結局どうやって選ぶの?「肌に優しい」日焼け止めの選び方
・GWはどこに行く? 旅行に持って行きたい優秀コスメ




新年度を迎え「外見をちょっとイメチェンしたい」と思っていらっしゃる女性も少なくない時期。これまでとは違う自分に出会いたくなると「そうだ、そろそろマツエク(まつ毛エクステンション)に挑戦してみようかしら」と頭をよぎる女性も少なくないのではないでしょうか。

「でも、まだマツエク未経験だし、よくわかっていません」「随分前にマツエクしたことがありますが、最近は新しいものも出ていてよくわからないわ」な40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、40代女性が3Dや4D、さらには5Dと呼ばれる束状になっているマツエクをオーダーする際に気をつけたいポイントのお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら( https://otonasalone.jp/32078/ )

 

3Dや4Dのエクステは40代女性の強い味方!



 

「3D」や「4D」と呼ばれる束状のマツエクは、1本のまつ毛に対し、それぞれ3本や4本の人工まつ毛を付ける手法です。「5D」ならまつ毛1本に5本オンします。

まつ毛1本に人工まつ毛を1本つける「シングル」よりも1本あたりのボリュームが上がりますが、技術が進んでいるためにそこまで重くなく、自然にボリュームアップができるマツエクとして、諸外国ではすでにおなじみ。このところ日本でも急速に普及しています。

少ないまつ毛にボリュームを出せるので、年齢を重ねるごとに「まつ毛が減った」「貧相になっている」と感じている40代の目もとを瞬時に華やかにしてくれる存在でもあり、40代にぴったりのマツエクでもあります。

しかし、3Dや4Dなどのマツエクを束状オーダーする際には、大人が気をつけたいちょっとしたポイントも。シングルマツエクと同じようにオーダーしてしまうと、ちょっと満足度が下がってしまうこともあるのです。

 

1:外れると目立つので大事な予定があるなら直前に施術を



 

私も何度か3Dや4Dのマツエクを施術しましたが、シングルのエクステに比べると、外れたときに目立ちやすいのは確か。

1本あたりに3~5本の毛が束になっているだけあって、中央や目尻などのパッと見で目立つ箇所が外れてしまうと「まつ毛に違和感がある」どころか「マツエクが取れてる」と、周囲からもハッキリとわかりやすいのです。

ですので、もしもデートやイベントなどの特定の予定のためにマツエクをするのであれば、施術は前日などの直前がおすすめです。

2:シングルマツエクより長さを控えてオーダーを



 

3Dや4Dのマツエクは、1本のまつ毛に束状のまつ毛を付けるため、どんなに「軽い」と言えど、やはりシングルマツエクに比較してまつ毛への負担は大きくなります。私の場合には、シングルマツエクよりも外れる時期が早いと感じました。

また、まつ毛の本数が増えて密度が上がるので、長さは控えめにしたほうがより軽い仕上がりに。

40代の目もとが「THE・まつ毛」と言えるほどに黒々しすぎていると「張り切りすぎ」「まつ毛おばけみたい!」なネガティブなイメージもつきまとうため、束状マツエクでも、長さより“密度で魅せる”を徹底したほうが好印象は確実です。

オーダー基準としては、シングルマツエクより1-2mmは控えめにしているくらいが、ちょうどいいバランスに。

 

参考記事・痛い若作りマツエクって?40代が「おばさん見え」するNGオーダーは( https://otonasalone.jp/36032/ )

 

マツエクは、一度の施術でデイリーメイクが格段に楽になる時短メイクの救世主であるのは、間違いありません。3Dや4Dなどの束感のあるマツエクなら、その期待できる効果はさらなるものに。

そんなふうにいまだにマツエクは、年齢を重ねた目もとを効果的にフォローしてくれる存在だから、ご興味のあった方は、この機会にぜひ。新年度のイメチェンに活用して、“いい感じ”のボリュームアップを狙ってみてください。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら( https://otonasalone.jp/32078/ )

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.