ビューティ情報『ダサいと思われてない? 10年リピ買いして「OKなもの・NGなもの」10のリスト』

ダサいと思われてない? 10年リピ買いして「OKなもの・NGなもの」10のリスト

2018年4月24日 18:30
 

関連リンク

・ROSE LABOが食用バラのコスメシリーズを発売
・カバー力はお墨付き♪みんなが愛用中のコンシーラーはどれ?
・【動画あり】くっきり鎖骨が出現♡魅力的なデコルテラインができるエクサ
ダサいと思われてない? 10年リピ買いして「OKなもの・NGなもの」10のリスト


ダサいと思われてない? 10年リピ買いして「OKなもの・NGなもの」10のリスト


「あの人、なんかダサい……」と思われやすい40代&50代女性の原因としては、コスメ類のアップデートを怠っているのが関係しているケースも多々。

巷には「名品」と名高いロングセラー商品もたくさんあるものの、単純に「使い慣れているから」だけで使い続けていると、残念ながらもそれが古臭さやダサさを感じさせる要因になりやすいアイテムもあるのです。

今回は「10年リピ買いできる?」にフォーカスしつつ、40代&50代女性が、“ダサいイメージ”を避けるために持っていてOKorNGな「10のリスト」をご紹介していきます。

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら( https://otonasalone.jp/32078/ )

【買い続けたい名品!5のリスト】

ダサいと思われてない? 10年リピ買いして「OKなもの・NGなもの」10のリスト


1:王道『ニベア』は大人でもマストハブ
10年リピ買いし続けても変わらずに愛用できる名品のひとつは、やっぱり『ニベア』だと思います。

あの高い保湿力は、大人肌にもやさしくうるおいを与えてくれます。保湿したいときにハンドクリーム代わりとして使えるだけでなく、いざとなれば顔にも髪にも使えてしまう応用力があるから、大人世代でもひとつは持っておきたい名品です。

こちらで公開の記事「白髪対策からヘアスタイル・メイク直しまで。40代のニベア活用法まとめ( https://otonasalone.jp/55761/ )」では、40代の満足度が高い使い倒し術をご紹介しています。

2:もうひとつの王道『ヴァセリン』もマストハブ
もうひとつの保湿コスメ『ヴァセリン』も、10年前から変わらずにリピ買いし続けておきたいアイテム。

髪にもボディにも、さらには下地としても使え、あの独特のスルッとした近い心地は、メイクの裏ワザでもいろんなシーンに応用できます。

こちらで公開の記事「保湿力を活かす!春メイクからネイル対策までヴァセリン活用法まとめ( https://otonasalone.jp/59056/ )」では、大人が使い倒すテクニックをご紹介しています。3:馬油アイテムは大人にも大重宝
若い頃にはコスパの視点から、そして年齢を重ねた女性には保湿力の視点から、10年経っても手元に置いておきたいのが、馬油のアイテム。

髪や頭皮のお手入れにも使えるので、加齢によって乾燥が気になりやすいヘアケアにもアプローチしやすいです。

4:相性抜群なオイル状のクレンジング剤は手放さないで!
オイル状のクレンジング剤は、時間がないときでもスルリとメイクを落としてくれる救世主的な存在。

年齢を重ねた肌だって、デイリーのメイク落としはスキンケアの基本だから「落ち具合、洗い上がり、お肌との相性」のすべてで納得できている名品に出会えているなら、10年リピ買いすべきアイテムと言えます。

5:髪にツヤ感を与えてくれるヘアトリートメント剤も殿堂入りさせて
髪質や髪の悩みは、かなり個人差がある部分。

自分の髪にピタリと合うトリートメント剤に出会えたなら、ぜひとも定番アイテムとして10年と言わず20年でも使い続けたいところです。

ただし、年齢を重ねると髪質が変わったように感じることもあるから、そのときには潔くアップデートするのをお忘れなく。

では、NGなものとは?→

【買い続けているなら今すぐストップしたい残念コスメ5のリスト】

ダサいと思われてない? 10年リピ買いして「OKなもの・NGなもの」10のリスト


1:100円ショップやドラッグストアで198円で買えるリップ
リップクリームの配合成分は、やっぱり価格に比例しがち。

安いリップアイテムは値段なりの働きしかしないことが多く、口紅で言えば発色や色モチ、質感が年代にそぐわないものも多くあります。

2:使うたびに削るタイプの眉墨ペンシル
鉛筆状になっていて使うたびに“削る”タイプの眉墨は、かなり前に一世を風靡しました。

ただ、眉の輪郭は描きやすいものの、眉は“ボカシ”や質感で今っぽさを出す部分だけに、いまだにコレだけで仕上げていると“古臭顔”になりがちな面は否めません。

3:1,000円前後で買える化粧水
化粧水の値段はピンからキリまでいろいろですが、こちらも値段と配合成分は比例する傾向にあります。

パシャパシャと大量に化粧水を使いたい女性ほど、若い頃から愛用し続けているプチプラ化粧水をリピ買いしたくなるものの、年齢を重ねた肌に必要な成分は補いきれていない可能性も。化粧水重視でデイリースキンケアを済ませたい大人女性こそ、自分の年齢にふさわしい成分が配合されているものにシフトしていくべきアイテムです。

4:ヘアカーラー
手軽に巻き髪が作れるヘアカーラーも、お気に入りに出会うとリピート、あるいは壊れるまでずっと同じものを使い続けたくなります。

しかしカーラーの太さや形状によって、巻き髪の仕上がりは古臭さを醸し出すことも多いので、10年以上同じものを使い続けるのは、かなりデンジャラス

5:ボリューム重視のマスカラ
数年前までは、まつ毛にはボリュームがあるほどいい!という時代もあったものの、最近はボリュームよりも、長さや質感にこだわるのがトレンド。

そのため、ボリューム重視のマスカラで仕上げた目元は、古臭さを感じさせやすく、リピ買いは今すぐストップすべきダサアイテムでもあります。

いいものは長く使い続けたいのが、多くの女性の心理。しかし「あの人、なんかダサい」と思われてしまうのは、とても残念です。

デイリーで使っているアイテムのアップデートを怠ってしまうと「なんかダサい」なイメージを招きやすい部分は否めません。アンテナは常に全方位に張っておいて、損はありません!

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら( https://otonasalone.jp/32078/ )

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.