ビューティ情報『コンシーラーよりこっち!40代のシワ・くすみには「下まぶた」メイクが効く』

2018年5月27日 18:30

コンシーラーよりこっち!40代のシワ・くすみには「下まぶた」メイクが効く

私は、上まつ毛と下まつ毛でマスカラを使い分けており、小さめブラシのマスカラを下まつ毛に使うようにしています。

ポイント2:細かいラメ感のあるピンクのアイシャドウでふっくら見せ

コンシーラーよりこっち!40代のシワ・くすみには「下まぶた」メイクが効く


下まぶたをみずみずしく見せるには、ふっくら感を演出するのが最大のカギにも。

ハイライト的に淡めなアイシャドウを「涙袋」と呼ばれる部分に入れるのが定番テクだけれど、40代があまりに鮮やかなアイシャドウを塗ってしまうと、派手すぎる印象からかえって目元が悪目立ちしてしまうことも多々です。

そこで便利なのが、ややくすんでいる色みながら細かいラメ感のあるピンク系のアイシャドウ。

「くすんだ目元にくすみのあるピンクを加えるの?」と思った女性もいらっしゃるかもしれませんが、この“くすんだ色み”こそがナチュラルに40代の目元を彩ってくれる救世主です。

また細かいラメ感のあるものを選ぶことで、光を味方につけやすくなり、自然なふっくら感を演出しやすくなります。

ポイント3:目尻のキワに寄せた「仕込みアイライン」で引き締め

コンシーラーよりこっち!40代のシワ・くすみには「下まぶた」メイクが効く


さらには、下まぶたのキワにアイラインを仕込み、目元の印象全体を引き締めると、“たるみ”や“くぼみ”は格段に目立ちにくくなります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.