ビューティ情報『「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ』

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ

2018年6月19日 18:30
 

目次

・ちょっとしたワナ1:眉頭がべったりとした仕上がりになっている
・ちょっとしたワナ2:眉尻が極端に細くなっている(しかも長く見える)
・ちょっとしたワナ3:濃淡のバランスが悪くなっている
「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ


「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ


「あの人、眉を描くのが下手すぎる」なんて思われていたら「だいぶショック」です。

昨今はまだまだナチュラルメイクがトレンドですが、眉は顔の印象を大きく左右するパーツだけに、ちょっと失敗しているだけで「残念なオバサン」「メイクが下手なオバサン」なんてイメージも定着しかねません。

他方、眉毛を描くのが下手な女性ほどやりがちなNGもあるので、気をつけて。

「私も、ひょっとして眉下手って思われてる……?」が気になっている40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は「眉が残念」と思われる女性ほど、ハマっていることが多い“ちょっとしたワナ”のお話です。

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら( https://otonasalone.jp/32078/ )

ちょっとしたワナ1:眉頭がべったりとした仕上がりになっている

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ


パウダーやペンシルを駆使してふわっとしたナチュラル眉を心がけていても、眉頭がベタッとした印象だと、途端に「眉のバランスが悪い」「海苔っぽい」という全体的にダメな印象を醸し出しがち。

さらには40代が眉頭を強めに描いてしまうと、気が強そうに見えたり神経質そうに感じさせたりもしやすいため、あくまでも“ふわっと軽く”描きたしていくイメージが無難です。

眉頭は眉尻と同じくらいの濃さかやや薄めくらいに仕上げたほうが、悪目立ちを防ぎやすく、自然な仕上がりが狙えます。時短でワナにハマらないよう意識するなら、毛流れに沿ってペンシルやブラシを“縦”のイメージで描いていくと、自然な毛流れが演出しやすいです。

ちょっとしたワナ2:眉尻が極端に細くなっている(しかも長く見える)

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ


普段のメイクでは、自眉があろうとなかろうと、眉尻は気持ち的に少しすぼめる、つまり少し細めに仕上げるよう意識していらっしゃる40代女性は多いはず。今はまだまだ太眉ブームが継続中ですが、40代のオフィスメイクでは完全なる一文字的な“THE・太眉”よりも、眉尻を少しすぼめた形のほうがしっくりくるのも確かです。

ところがそんな“すぼめた眉尻”が、メイクの際に手が滑ったかのように極端に細く仕上がっていると「アンバランスだし、中途半端じゃない?」な印象を醸し出しがちに……。長さを出しすぎているようにも錯覚しやすいため、キツそうに見えたり古臭い印象を感じさせたりもしやすいです。

残念ながらこのワナって意外と身近で、本人としては「少しすぼめたつもり」でも、思いのほか眉尻が伸びてしまっているケースも見受けられます。ベストバランスを模索するなら、この機会に一度、黄金比のおさらいを。小鼻の脇から目尻を繋いだ延長線上が「眉の黄金比」とされているので、この位置をベースにして今っぽい仕上げになるよう微調整をかけると安心です。

ちょっとしたワナ3:濃淡のバランスが悪くなっている

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ


トレンドデザインの眉を意識していても、眉の濃淡が単調だと「なんかアンバランス」なイメージを出しがちな面も否めません。

よく眉頭が一番薄く、眉尻にかけて濃くなるグラデーションを心がけていらっしゃる方をお見かけしますが、もっとも濃いめに仕上げるべきは、“眉の真ん中部分”。つまり眉の中央をもっとも濃くなるように意識し、そこから眉頭と眉尻にかけて、左右にグラデーションを意識して仕上げると、より自然な見た目を狙えます。

「なんか眉が濃いような」「全体的に、いつものっぺりしちゃう」と思っている原因も、この“濃淡バランス”にあったりするので、お心当たりがある方は、力の入れ加減や色みで調節してみてください。

ちなみに全体的に「濃い」あるいは「薄い」のいずれであっても、濃淡のない眉になってしまった時点で、アウトです。

時短を意識して濃淡を出すならば、何色ものパウダーを使う必要まではなく、濃いめの色のパウダーと薄めの色のパウダーの2色を混ぜながら調節するだけでも十分。いつも「ペンシルだけ」あるいは「パウダーは1色のみで仕上げていた」という方は、ぜひこの機会にもう1色をデイリー使いのコスメに加えてみてください。

眉毛の印象が変わるだけで、ぐっと垢抜けることもあれば野暮ったくなることもあるだけに、40代のナチュラルメイクでも眉の仕上がりは特に大事。

しかも毎日のことだけに、自分ではなかなか気づかない盲点によって「あの人、眉毛が下手すぎる」なんて印象になってしまうケースも多々だけに、侮れません。

かく言う私も、眉は毎日のルーティンに頼りすぎて見直しを怠っていると、眉頭がいつの間にか濃いめになっていたり、全体の濃淡バランスが微妙に崩れたりしています。それだけに、定期的な見直しをするよう気をつけています。

お心当たりがあった方はぜひ、明日からのメイクで意識してみてください。

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら( https://otonasalone.jp/32078/ )

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.