ビューティ情報『プラス10歳老け見えも…!? 確実に「うっかりオバ見え」を招くベースコスメ3選』

プラス10歳老け見えも…!? 確実に「うっかりオバ見え」を招くベースコスメ3選

2018年6月22日 18:30
 

目次

・確実にうっかりオバ見え1:やたらツヤ感が強いファンデーション
・確実にうっかりオバ見え2:カバー力が全くないBBクリーム
・確実にうっかりオバ見え3:皮脂ブロックorキャッチ機能がないルースパウダー
プラス10歳老け見えも…!? 確実に「うっかりオバ見え」を招くベースコスメ3選


プラス10歳老け見えも…!? 確実に「うっかりオバ見え」を招くベースコスメ3選


使っているコスメによって「年齢以上のオバ見えを招いていた……!」なんて事態になれば、悔やんでも悔やみきれません。

これまでの連載では、

「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク( https://otonasalone.jp/68030/ )」

「これがワナ!“うっかりオバ見え”する40代のナチュラル系アイライン( https://otonasalone.jp/68097/ )」

「40代の女性の“うっかりオバサン見え”を招くナチュラルリップメイクの3大ワナ( https://otonasalone.jp/67642/ )」

「うっかりオバ見えのワナはここ!“40代のまつ毛メイク”ポイント3つ( https://otonasalone.jp/67517/ )」

「3歳老け見え!? 40代がオバサン化する“ナチュラル眉メイク”の3大ワナ( https://otonasalone.jp/67509/ )」

こんなふうに、主にパーツごとのオバ見え“ワナ”をご紹介してきましたが、使うアイテムによって、オバサンっぽい仕上がりになっている残念なメイクもあります。

「私の使っているコスメは、大丈夫なんだろうか……」が頭をよぎった40代女性のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

こんな感じで、メイクでオバ見えするワナはいたるところにあるわけですが、今回はそんな中から、肌の質感に直結する“ベースメイクアイテム”にフォーカスしていきましょう。

うっかりオバ見えを招く、ベースメイクアイテムの特徴って……?

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら( https://otonasalone.jp/32078/ )

確実にうっかりオバ見え1:やたらツヤ感が強いファンデーション

プラス10歳老け見えも…!? 確実に「うっかりオバ見え」を招くベースコスメ3選


ずっと続いているツヤ肌トレンドも、そろそろひと段落しそうな気配。とは言っても、デイリーメイクでは、まだまだツヤ感のある仕上げが人気です。

とかく“くすみ”や“色むら”が出やすい40代の肌には、みずみずしいツヤのあるベースメイクが若見えや健康的な印象を与えるのに、一役買ってくれるのは確か。

しかし時間の経過とともにツヤ感が強まるタイプのアイテムは、単なるテカリ顔を招くだけ……という落とし穴があります。

塗った直後に“ほどよいツヤ”と感じさせてくれるアイテムほど、皮脂バランスが不安定になりがちな40代には、特に危険だったりもします。ベースアイテムを選ぶ際にはぜひ、“塗って数時間後”の肌もチェックしつつ、セレクトしてみてください。

確実にうっかりオバ見え2:カバー力が全くないBBクリーム

プラス10歳老け見えも…!? 確実に「うっかりオバ見え」を招くベースコスメ3選


ナチュラル仕上げの肌を心がけると、カバー力はそこそこのベースメイクコスメを手に取りたくなりがちです。

しかし悲しいかな、20代の肌ならばそれでも美しくみずみずしい肌が得られても、40代の肌ともなると、ちょっとしたシミやシワ、吹き出物の跡などがあってしかりなだけに、悪い意味での“スッピン感”が強すぎる仕上げを招きやすい傾向が。

カバー力があるアイテムを選べば回避できたはずの“オバ見え”も、コスメのせいで、“うっかりオバ見え”する事態を招きがちというわけです。

これらのオバ見え肌は、即座に生活感をも感じさせてしまいやすく「疲れているオバサン」「老けた人」なイメージに繋がりやすいから、絶対に避けたほうが賢明です。

ベースメイクコスメを購入する際には、手の甲でサンプルを試して相性をチェックする方も多いのですが、カバー力をチェックする時には実際にシミのある箇所に塗ってみてこそ、その実力が測れます。

確実にうっかりオバ見え3:皮脂ブロックorキャッチ機能がないルースパウダー

プラス10歳老け見えも…!? 確実に「うっかりオバ見え」を招くベースコスメ3選


これから気温が上がってくるので、ギトギトのオバ見え肌を回避すべく、ルースパウダーを仕上げにはたく40代女性も増えてきます。

ところが、ルースパウダーは、それぞれのもつ機能にかなりばらつきがあるアイテムでもあり「仕上げに使っているから、安心」とは言い切れない最たる存在でもあります。特に、皮脂ブロックやキャッチの機能がないパウダーで仕上げると、むしろ時間の経過とともにギトギト感をはじめとして、ヨレや崩れを目に見えて引き起こす要因にもなりかねないだけに、40代が使うならば特に性能にこだわりたいアイテム。

こちらは、メイクしてから時間が経過したときの肌状態をサポートしてくれる機能性で選ぶのが、“うっかりオバ見え”を防ぐ一番のコツです。

「ちゃんとベースにも手をかけているから、オバ見えは回避できているはず」と思っても、本人が思うようなイメージを周囲に抱いてもらっているとは限りません。

肌の印象は、見た目年齢に直結するだけに「うっかりオバ見え!」も、起こりやすい部分。「プラス3歳の老け見え」どころか「プラス10歳の老け見え」現象が起きても、不思議ではないのです。

厚塗り感や白浮き感が出るベースや、シワに入り込みやすい柔らかテクスチャーのファンデーション類は、オバ見えを招きがちな典型的なアイテムと言われますが、今回ご紹介したアイテムは「招きがち」どころか「老け見え確実」と言っても過言ではないほど、危険なアイテムばかりです。

つまるところ、コスメ選びもある程度は慎重になってこそ、年齢より若見えするみずみずしい肌が狙えます。みなさまがデイリー使いしているベースコスメは、問題なさそうでしょうか。

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら( https://otonasalone.jp/32078/ )


関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.