ビューティ情報『40代でも痛くないロングヘア!「Sカール」でつくるオトナ髪って』

40代でも痛くないロングヘア!「Sカール」でつくるオトナ髪って

2018年7月14日 16:00
 

目次

・40代のロングはなぜ痛いのかを考える
・ボリューム不足を解消するSカールロング
40代でも痛くないロングヘア!「Sカール」でつくるオトナ髪って


40代でも痛くないロングヘア!「Sカール」でつくるオトナ髪って


特別なお手入れをしなくてもツヤツヤで、ハリ・コシがあった頃はヘアスタイルの選択肢が多くありましたが、髪の老化が進む40代になると一気に狭まる気がしませんか?

髪質の変化や「40代にもなってロングは痛い」という謎の思い込みによって、オーバー40になると髪をバッサリ切る人も増えますよね。ここ数年、肩から鎖骨くらいの長さがトレンドということもありますが…。

ロングヘアへのハードルが高まる年齢ではありますが、まだまだ現役世代。女性らしい髪型を楽しむならロング!ということで、痛く見えないロングヘアを紹介します。

40代のロングはなぜ痛いのかを考える

大人に似合うロングヘアを紹介する前に、なぜオーバー40になるとロングヘアが痛いのかを私なりに考えてみました。

街を歩いていて、「あ、あの人残念」と思うロングヘアは髪がパサついている、広がってまとまりがないといったケア不足の人。20代の頃のトレンドを引きずっているロングも残念だなと感じてしまいます。

どの長さにおいてもお手入れは大切ですが、ロングは面積が広くなる分、ちりちり・パサパサ毛が目立ってしまい不潔な印象を与えかねません。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.