ビューティ情報『あのヒロインのチャーミングさを真似てみよう!フランス映画にみる、パリジェンヌのメイク -vol.4-』

2018年6月28日 12:00

あのヒロインのチャーミングさを真似てみよう!フランス映画にみる、パリジェンヌのメイク -vol.4-

なりたい役になりきるように、なりたい人物のメイクを取り入れる。

人生を賭けて、大切なものを追いかけるロマンチシズム。「私」が「私」なまま、自らの運命を切り拓く。

フランス映画の女優たちは、そんな「心のままに生きる」という私たちの憧れを体現する存在。

女性らしさや個性を味方につけるメイクを取り入れて、あのヒロインのチャーミングさを真似てみよう。

【3】Anna Karina(アンナ・カリーナ

公私にわたりゴダールのミューズとして知られる女優。

唯一無二のフォトジェニックな存在感で、コケティッシュ・ガールの代名詞に!

movie :Une femme est une femme(女は女である - 1961)
あのヒロインのチャーミングさを真似てみよう!フランス映画にみる、パリジェンヌのメイク -vol.4-


「なぜいつも女は悲しむの?」

「なぜなら女だからさ。つまり女達だ」

アンナ・カリーナ演じるダンサーのアンジェラは、本屋で立ち読みした雑誌がきっかけで、急に子供がほしいと思い立ち恋人を困らせる。大切に想うがゆえに喧嘩しあう男女を、心地よい音楽にあわせてコミカルに描いた映画。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.