【元CAのコスメレポ】コスパで今っぽベージュなら【KATEのアイシャドウ】

2017年9月14日 06:00
 

目元にツヤと輝きを与えてくれるアイシャドウ、つけるだけで顔全体の印象がグッと変わりますよね。やさしくもなれば、クールにもなれる。

アイシャドウって結構もつんですよね。毎回最後まで使い切ろうと思うと、意外と大変。しかもわたしは比較的ひとつ使い終わってから新しいものを使い始めるタイプなので、それまでずっと同じもを使ってしまう傾向にあります。でもそれだと毎回変わり栄えがなくて、面白くない…。

そして、リップメーク全盛の今、アイシャドウを入れるとなんだか古臭くなる気がして、実はこのところ、あまり出番がなかったのです。

しかも、次々と新しいアイテムがリリースされるものなので、ついていけてないわけですよ…なんていう話を編集部でしていたところ、アイシャドウは2つのことに気を付ければ良いというアドバイスを頂き納得!

それは…

その1安くてもいつも新しいアイシャドウを使う

どんなに高価でよいものでも、ずっと昔のものを使っていると、なんだかお顔も古く見えてしまうようです。それはなんとか避けたい! メイクもファッションと同じで、そのとき旬な色がリリースされているんですよね。気軽に新しい色にトライできる優秀なアイシャドウの代表格と言えば、みんな大好きKATE♡ お財布にも優しく、お顔を毎回きっちりアップデートしてくれる頼もしいブランド!

そしてなにを隠そう、わたしが先日ゲットしたアイシャドウもKATE。じゃじゃーん。

kate3
ケイトブラウンシェードアイズ N 全6種 1,200円(編集部調べ)2017年8月1日発売 *画像はBR-4

その2目の周りを黒く囲むと目が小さく見えて損!

目を大きく見せようとして、目の周りを黒囲み。自分で鏡に向かってメイクしているとどんどん濃くなってしまい、気付かなかったりするのですが、ちょっとずつ足していっている内になんだかぬり過ぎでコワイことに…。アイシャドウを一生懸命塗ることよりも、フワッとまつ毛を仕上げる方がまぶたが目立ち、優しく見えます。きりっとした黒囲みのアイシャドウと黒のアイライナーで仕上げたメイクが“アジアンビューティー!”だと褒められるのは、実は欧米だけ。対日本人やアジア人ではやっぱりナチュラルメイクなのです。
kate6


せっかくなので、新しいアイシャドウから好きな色を2色ピックして塗ってみました。一番薄い色をまぶた全体に塗り、一番濃い色を目尻の方に向けまぶた半分に指で塗ってみました。備え付けのチップを使ってもいいのですが、わたし個人的には指先で薄く伸ばしていくほうが自然な広がりになって好きだなぁ。

kate7


そしてその後、いつものようにアイライナーとマスカラをオン。アイライナーはまつ毛の間を埋めるように軽く引き、マスカラは目じりの方だけ二度塗りに。

わたしはアジア圏で9年間CAとして働いていましたが、本当に色んなメイクのCAさんがいるものです。制服を着るので必然的にメイクは普段よりも濃くなってしまうのですが、それでもうまくナチュラル感を残しつつ、いつも清潔感のあるフレッシュメイクのCAさんもいましたし、黒囲みメイクそのもので謎にこわいパンダのようなメイクの人も。。。みなさんきっと見かけたことがあるのでは。。。

でもやっぱり好感度が良かったのは、その時のトレンドをさりげなく取り入れ、それをナチュラルに自分のお顔立ちに合わせてられていた人。

わたしももう何種類かアイシャドウを買い足して、自分に合う色を見つけたいと思います!

文・写真/有田千幸

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.