海洋性コラーゲンで有名!「水溶性コラーゲン」の特徴と効果

2017年4月21日 20:10
 



コラーゲンと一言で言っても、さまざまな種類があります。その中で、多くの化粧品に使われている水溶性コラーゲンがあります。これは、どのような効能があるのでしょうか。

水溶性コラーゲンとは

コラーゲンを分解せずに、コラーゲンが本来もつ構造そのままの状態で抽出し、その成分を水に溶かしたものを水溶性コラーゲンと言います。コラーゲンはその状態のままでは化粧品に配合するのが難しいので、ほとんどの化粧品は、水溶性コラーゲンを利用しているのです。

コラーゲンには動物性のものや海洋性のものなどいろいろな種類がありますが、水溶性コラーゲンに使用するのは、魚の皮や骨、うろこなどを原料とした海洋性コラーゲンです。この海洋性コラーゲンは、動物性コラーゲンに比べて水溶性コラーゲンに加工しやすいというメリットがあります。海洋性コラーゲンについて、くわしく見ていきましょう。

海洋性コラーゲンの特徴と効果

骨、皮、うろこから抽出されている海洋性コラーゲンには、このような特徴があげられます。

〈海洋性コラーゲンの特徴〉

・ 匂いが少ない

・ 消化吸収しやすい

・ 脂肪分を含まない

・ 動物性より安全性が高い

(動物性は、狂牛病などの感染症から安全性に疑問がもたれていました。海洋性コラーゲンは投薬などをされている危険性がないため、安全性の面で期待されています。しかし、養殖の魚類を使用している場合はこの限りではありません。)

骨、皮由来とウロコ由来はどちらがいい?

海洋性コラーゲンは、大きく分けて骨・皮由来とウロコ由来のふたつに分けられます。ウロコ由来のコラーゲンはスカールコラーゲンと呼ばれ、糖質のキチン質(甲殻類の殻やイカの軟骨、昆虫の外殻などに含まれている天然多糖類)が含まれているのが特徴です。キチン質には、コレステロールや血圧を低下させ、腸内を整えたり、免疫力を高める効能があるので、美肌効果に加えて、健康維持にも役立つと期待されています。

また、スカールコラーゲンは、動物性コラーゲンや骨・皮由来の海洋性コラーゲンに比べて消化吸収率が高く、細胞の活性化が優れていることも、研究の結果明らかになりました。しかし、スカールコラーゲンの成分となるウロコは非常に固いため、塩酸でウロコを溶かして抽出しています。塩酸は、劇物でもあるため、健康被害を懸念する声も上がっているのが現状です。

監修:黒田愛美

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.