ビューティ情報『アレルギーに効果のある薬とは』

2017年11月18日 09:30

アレルギーに効果のある薬とは

目次

・アレルギーに効果のある薬とは
・抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬の違い
・主な抗アレルギー薬の種類と効能
・薬の副作用について
・薬の使用時の注意点
アレルギーに効果のある薬とは


アレルギーにはどのような薬が効果的なのか、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬の違いなどについて詳しく見てみましょう。

アレルギーに効果のある薬とは

アレルギーに対して一定の効果のある薬について詳しく解説します。

近年増えてきた抗アレルギー薬
かつて、アレルギーに対処する薬というのは、抗ヒスタミン薬のことを指すことが多かったようです。しかし、近年ではこれまでなかった抗アレルギー薬が使用されることが増えてきています。

ヒスタミンとは、アレルギーによって炎症が発症したときに分泌されるメディエーターと呼ばれる生理活性物質のことをいいます。ヒスタミンは、体内で分泌されると血管が拡張されたり、血管の透過性が亢進(こうしん)されたり、気管支平滑筋の収縮を促したりする作用があるといわれています。これらの、作用を受けることによって末梢知覚神経が刺激され、かゆみや湿疹などを引き起こすとされています。

抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬の違い

抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬は、一見すると同じアレルギーに対しての対処薬と感じますが、それぞれの役割は違います。

抗ヒスタミン薬とは
抗ヒスタミン薬というのは、ヒスタミンの分泌によって引き起こされるさまざまな作用を抑制する効果が期待されます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.