ビューティ情報『加齢や疾患にともなう乾燥とは?肌を理解して正しいスキンケア対策をしよう』

2018年6月28日 15:36

加齢や疾患にともなう乾燥とは?肌を理解して正しいスキンケア対策をしよう

目次

・あらゆる肌トラブルには「乾燥」が関係している
・加齢によって乾燥しやすくなる理由「肌機能の低下」
・肌の乾燥を招く理由「皮膚疾患」
・加齢による肌トラブルや乾燥を防ぐためのスキンケア
・スキンケアだけでなく皮膚科での治療もとりいれる
加齢や疾患にともなう乾燥とは?肌を理解して正しいスキンケア対策をしよう


肌は生まれたばかりの赤ちゃんから老人まで、年齢を問わずさまざまな症状が起こります。キレイな肌や美肌…これらの条件は、肌が健やかな状態であることが重要になります。そして、その大きなポイントとなるのが、肌の水分です。年齢を重ねていくほど、肌は水分を失って乾燥しやすくなります。肌が乾燥すると、さまざまな肌トラブルを招く状態になるだけでなく、その結果として肌の老化につながります。肌老化というと中年期や高齢期に限った話になりますが、肌の水分を維持することは、乳幼児や青年期においても同様に重要なポイントになります。

あらゆる肌トラブルには「乾燥」が関係している

シワ、シミ、ニキビ、くすみ、たるみ、毛穴など私たちの肌には、さまざまな症状が現れます。これらを引き起こす原因には個々に存在するものがあれば、いくつかの要因が複雑に関係しているものがほとんどです。そして、多くの症状にあてはまるのが肌の水分量が低下している状態、つまり「肌の乾燥」です。肌トラブルの陰には、「肌の乾燥」があることを知っておきましょう。これは、スキンケアにおける「保湿」が重要であることも意味します。

水分は肌が持つバリア機能の源
なぜ肌(皮膚)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.