敏感肌の肌荒れ悩みの種類と症状

2017年4月21日 20:10
 



乾燥性敏感肌

敏感肌とは、肌のバリア機能が低下し、普通の人では感じないちょっとした刺激にも反応してしまう肌 (http://www.decencia.co.jp/product/about_binkanhada.aspx)のこと。ひどくなると、刺激がかゆみや赤み、炎症などの症状になって表れます。肌は本来、皮脂と水分が混じりあい、天然のクリームのような働きで肌を外部刺激から守る働きがあります。



しかし、敏感肌はこうした機能が弱まり、化粧品や石鹸、シャンプーなどで用意に刺激感を生じ、過剰に反応する状態に陥っています。

敏感肌には大きくわけて、乾燥性敏感肌と脂性敏感肌があり、年齢を重ねた女性では乾燥性敏感肌が多く見られる傾向があります。

この乾燥性敏感肌とは、角層の潤い機能が弱まり、角質のキメが乱れることで外部からの刺激を通しやすい状態になっている肌のこと。その時、内部では刺激による微弱炎症が起こり、この繰り返しによって、未熟な角質細胞が表に出ていき、真皮では炎症によってコラーゲンが破壊される (http://www.decencia.co.jp/product/about.aspx#sec_03)されるといったことが起こります。

脂性敏感肌



皮脂の分泌が盛んで、皮脂が酸化することによって肌トラブルを起こしやすいのが脂性敏感肌です。ニキビのもとになるアクネ桿菌(かんきん)は皮脂が盛んな状態で増殖しやすく、ニキビが原因の炎症なども起こりやすくなります。

多くの場合、女性は思春期のホルモンバランスが不安定なときは皮脂の分泌が盛んで、ニキビができやすい肌になっています。また、幼少期〜思春期にはアトピー性皮膚炎の症状が出るケースも少なくありません。アトピー性皮膚炎は肌のバリア機能が弱まり、アトピー素因とアレルゲンが重なって、かゆみを生じ、掻きこわして、さらに肌のバリア機能が弱まるという悪循環に陥る症状です。思春期や青年期には顔や胸、背中、肘などに症状が出やすくなります。アトピー性皮膚炎はひどくならないうちにクリニックを受診し、適切なケアをしましょう。肌の性質は、ホルモンバランスの変化などによって変化していきます。10〜20代の肌と、40代の肌は明らかに異なるのと同じように、10代と40代のスキンケアも年齢に合ったお手入れが必要です。また、自分の肌タイプはこうだと決めつけず、年齢や季節などそのときどきに合ったお手入れをするようにしましょう。

※ドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

監修:山田美奈

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.