あなたのお肌は、“なまけ肌”になっていませんか?

2017年8月13日 20:10
 

お肌のトラブル、自分のお肌のせいにしてあきらめてませんか?

はじめまして。今回よりこのコラムを担当させていただきます茂田正和と申します。どうぞよろしくお願いします。僕は10年間、スキンケアを中心とした化粧品開発を行っています。本当にお肌のためになる化粧品を作りたいという想いから皮膚科学を学び、たくさんの方々のお肌のカウンセリングを通じて、お悩みや課題を聞かせていただきながら一緒に解決をしてきました。



その中で気付かされたことは、世の中にどれだけ間違った美容情報が蔓延しているかということです。さらに、お肌を良くするはずのスキンケア化粧品が逆にお肌を弱らせて美肌から遠ざけてしまっていることもあること。僕はその事実に悩み、あるときは化粧品開発という仕事をやめたいと思ったこともありました。

日本の化粧品開発技術は世界でもトップクラスです。そういう意味では、お肌の害になるようなものは、ほんとんどないのだと思います。ですが、長期的に使い続けてお肌のメリットになるものが少ないことも事実です。「スキンケアをきちんとしているはずなのにお肌が乾燥する」「ちゃんとしているのに時々肌荒れを起こす」そんなことを悩んでいませんか?そしてそれを「私の肌が弱いから…」とあきらめていませんか?でも、おかしいと思いませんか?お肌のためにお金も時間もかけてスキンケアしているのに悩みが消えないなんて。

もちろん、スキンケア化粧品はパーフェクトではありません。お肌はホルモンバランスなど身体の全体と連動してますから、スキンケアだけで全てのトラブルが解決できるわけではありません。ですが、あなたが毎日しているスキンケアは本当にお肌が求めているものですか?僕はこのコラムを通して、あなたのお肌の代弁者として、本当に求めていることをお伝えしていきたいと思っています。

「なまけ肌」ってなに?

例えば、毎日家でゴロゴロしてなまけた生活を送り続けたとします。そうすると、次第に免疫力が低下してきて風邪をひきやすくなったり、太りはじめたりします。それを、風邪薬やダイエットサプリを飲んで対処したところで、飲むのをやめればまた同じことの繰り返し。お肌でも同じことが起こります。

過保護にケアしてトラブルが起き、トラブルを対処するためにさらに過剰にケアして、一時は良くなるけどまた同じトラブルを繰り返す・・・。僕も今まで、たくさんの方のお肌のカウンセリングをさせていただきましたが、乾燥するからと保湿を強化し、ニキビができるからと洗顔を強化し、肌が荒れるからとスキンケアアイテムを追加する。そう言う対処療法で問題が解決したことは一度もありませんでした。

そもそも、お肌には外部の環境に合わせて正常な状態を保とうとするスキンホメオスタシスと言う作用があります。例えば、乾燥した環境にさらされると、お肌自体が持つ保湿機能を高めて水分の蒸発を防ごうとします。さらには、傷を負っても自然と治っていくように、炎症や外傷を修復していく自然治癒力も備わっています。

これらのお肌に備わる機能は、どんな高級な化粧品でも太刀打ちできない優れたものなのです。ところが、やみくもに過保護なスキンケアをすると、お肌は「自分が頑張らなくても大丈夫」と勘違いしてなまけはじめて、正常な機能を果たさなくなってしまうのです。

「健康なお肌」=「キレイなお肌」ではない

ここまでの話しを聞くと「じゃあ、なにもしない方が良いの?」と思うかもしれませんね。実際、僕もカウンセリングの中で、お肌の水分量やキメの状態を観察していると、スキンケアにお金も時間もかけている人に限ってボロボロで、良くない結果だったりすることがよくあります。

そう言う事実を目の当たりにして、化粧品開発という仕事に罪悪感を感じ、やめようかと悩んだこともありました。そんなとき、ある人のカウンセリングでスキンケアが必要な本当の意味を知る体験をしました。笑うとお肌にひびが入るようなつっぱり感があり、粉がふいたようにガサガサしたひどい乾燥肌で悩まされていた人で、僕はメイクをやめ、洗顔はぬるま湯ですすぐだけ、保湿も一切なしでお肌をニュートラルな状態に戻してしばらく様子をみることをすすめました。

2週間後、つっぱり感も粉ふきもなくなり本当に乾燥を感じなくなったそうです。ところがさらに2週間後、今度はお肌が黒ずみ“くすみ”はじめたのです。今思えばそれもそのはずで、先ほどお伝えしたようにお肌は乾燥した環境にさらされると、お肌自体が持つ保湿機能を高めようとします。その仕組みは、お肌表面の角質を厚くすることによって行われます。角質は灰色のため厚くなるとお肌は黒ずんできて透明感が失われてしまうのです。これも外部の環境に適応した「健康なお肌」ではありますが、見た目上「キレイなお肌」ではないのです。目指したいのは「健康でキレイなお肌」でよね。さらに、通常はメイクもしなければならないし、クレンジングや洗顔料で洗わなければならない。だから、やはりスキンケアは大切です。かといって、やみくもに過剰なスキンケアではトラブルのスパイラルから抜け出せない。健康でキレイなお肌をキープしていくためには、過剰でも不足でもなく、その絶妙なバランスが重要なのです。

監修:茂田正和

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.