日本酒をもっと身近に!健康美人を目指しましょう!〜正しい飲み方と選び方〜

2017年8月13日 20:10
 

日本酒


日本酒は本当に悪酔いするの?

野菜ソムリエであり、利き酒師。現在、ワインエキスパート目指して勉強中の吉田が、お酒と料理についてお話しさせていただきます。

ワインに馴染みのある方は多いと思うのですが、なかなか日本酒はハードルが高く思われている方も多いような気がします。そこで、日本酒の基本のキから、毎回少しずつ日本酒の魅力をお伝えできればと思います。

まず、ハードルが高く思われてしまう原因として「日本酒は悪酔いする」と思われている方も多いのではないでしょうか?これは、戦後、いろいろな物を混ぜて日本酒が作られ、質の良い日本酒が出回らなかったという歴史的背景も一因かと思います。しかし、日本酒の正しい飲み方をわかって実践していれば、悪酔いすることなどありません。

日本酒の正しい飲み方とは?

日本酒の正しい飲み方は、「日本酒と水を交互に飲む」ことです。これを「和らぎ水」と言います。おちょこに日本酒を1杯飲んだ後、同量のお水を飲む。いわば、洋酒のチェイサーと同じです。お水を合間に飲むことで、体内のアルコールが薄まって、お酒を飲むペースもゆっくりになるので、酔う速度も穏やかになります。

また、お水を挟むことにより、日本酒を飲み過ぎないというメリットもあります。数種類の日本酒を利き酒したいときにも、和らぎ水は、前に飲んだお酒の味を消してくれるので、味覚をリセットすることができ、美味しくいただくことができます。

ビールやワインに比べると、日本酒のアルコール度数は、やや高めです。ビールが約5%、ワインが約11〜12%に対して、日本酒は15〜16%あります。また、すっきりとした辛口タイプの日本酒の場合、口当たりが良くどんどん飲みたくなり、ビールを飲むようなペースで飲んでしまい、酔いが早く回ってしまいます。次の日を、すっきり爽快に過ごすためにも、合間で「和らぎ水」を摂取するようにしてくださいね。

次回のコラムでは、日本酒選びのポイントについてご紹介いたします。

監修:吉田めぐみ

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.