ビューティ情報『その場を一歩も動かず「肩こりしにくい身体をつくる」3つのコツ』

2015年9月2日 22:00

その場を一歩も動かず「肩こりしにくい身体をつくる」3つのコツ

その場を一歩も動かず「肩こりしにくい身体をつくる」3つのコツ


仕事のあとに肩がずっしり重くなって一気に疲れを感じたこと、あるいはマッサージに行ったら「石のように硬くなっていますね」などといわれたこと、ありませんか?

平成25年の国民生活基礎調査によれば、病気やけがの自覚症状のうち、女性に一番多いのは「肩こり」です。

もともと骨格の特徴から、女性の方が男性よりも肩がこりやすいといわれますが、子どもを抱っこする時間の長い子育て中のママたちにも、肩こりに悩まされている女性は多いのです。

世の中には多くの肩こり解消術があふれていますが、今回は、肩とは直接関係ないような、ちょっとしたコツを3つご紹介します。

これなら、道具も使わないですし、その場を一歩も動く必要もありません。簡単にできる日々の習慣で、肩のこりにくい身体をつくっていきましょう。

■1:歯を食いしばらない

別に歯なんて食いしばってないし、と思った方もいるかもしれませんが、ちょっと待って!

もしいま、上の歯と下の歯が触れ合っているようだったら、要注意です。

本来、上の歯と下の歯の間には2mm程度のすき間があるのが正常な状態なのです。

一度口をぽかんと開けたあと、唇だけをそっと閉じるようにすると、いかに自分があごの筋肉を使っていたかを実感していただけるかと思います。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.