ビューティ情報『髪が痛むと5割も水分量が少なくなる!冬にやるべき髪の乾燥対策』

2015年11月23日 20:00

髪が痛むと5割も水分量が少なくなる!冬にやるべき髪の乾燥対策

髪が痛むと5割も水分量が少なくなる!冬にやるべき髪の乾燥対策


「ぷるぷる」「うるうる」「ぴちぴち」など、若さをあらわすオノマトペは、水分量と密接に関係しています。肌も髪も、乾いていればいるほど、若々しい印象からはかけ離れていきます。

秋冬は、とくに空気が乾燥しやすいので、髪にとっても厳しい季節。今回は髪の乾燥対策について、ヘアケアに詳しい川崎市のヘアサロン『giteby Core Flock』の代表、浜口雄一さんに教えていただきました。

■傷んだ髪は健康な髪より水分が少ない

適度な水分量を蓄えた髪は、うるおいがあって若々しい印象に見えます。水分が多いと髪は柔らかく見え、少ないと感じます。

実はこの水分保持量、健康な髪とダメージヘアでは、その量に大きな差が出るのだとか。

「本来健康な髪の毛には、11%~14%の水分が含まれているといわれています。これは、完全に乾いている状態でも内部にそのくらいの水分を蓄えることができるということです。一方、髪が傷むと保持できる水分量が急激に減り、6%~8%しか水分を保持できなくなります」と浜口さん。

つまり、健康な髪に比べ、ダメージヘアは、ほぼ半分くらいの割合の水分しか保持できなくなっているということ。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.