ビューティ情報『肝斑・シミ・シワを取るならレーザー?美容クリニックでのケア方法』

2012年12月6日 08:01

肝斑・シミ・シワを取るならレーザー?美容クリニックでのケア方法

慢性炎症性色素沈着という状態なので、強い刺激は絶対NGです。バリア機能が弱まっていることも多いので、摩擦や刺激を与えないように注意し、じゅうぶん保湿してください。

ぐっどうぃる博士(以下博士):
薄くする方法はないんですか?

先生:
早く取るなら、自宅でのケアでは難しいです。クリニックでは、フォトRF治療(APL(アドバンスト・パルス・ライト)とRF(高周波エネルギー)を組み合わせた最先端の美肌治療器)やレーザー治療をおすすめします。また、ビタミンC・Eやトラネキサム酸の内服を併用することもあります。ビタミンCは日に当たる前に飲むと焼けるので、夜に飲むといいでしょう。

武川さん:
塗るより飲む方がいいんですか?

先生:
併用ですね。美白美容液もいいのですが、基本的には予防と考えてください。また、周期によって濃くなることもあるので、なかなか効果が見られないこともありますが、『合わない』とすぐにやめてしまうのではなく、根気強くケアを続けることが大事です。高瀬さん:
一般的なシミにはどうすれば?

先生:
レーザートーニング治療などなら、肝斑だけでなくシミやくすみなども改善されます。また、ハイドロキノンやレチノイン酸が配合された化粧品も効果的です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.