ビューティ情報『突然の頑固な肌荒れ!40代に起こる体の変化はこう乗り切った【体験談】』

2021年4月3日 23:00

突然の頑固な肌荒れ!40代に起こる体の変化はこう乗り切った【体験談】

突然の頑固な肌荒れ!40代に起こる体の変化はこう乗り切った【体験談】


42歳の私は肌荒れに悩むようになりました。さらにはコロナ禍でマスクを着用する頻度が増え、「マスクをすると肌が荒れる。でも、マスクをはずすと肌荒れが目立ってしまう」と悩むように。しかし、肌荒れの悩みをきっかけに、それまでの生活習慣を見直すことができたのです。今回は、40代からの体の変化を乗り切ってきた、私の体験談をご紹介します。

ある日突然、顔が真っ赤に!

突然の頑固な肌荒れ!40代に起こる体の変化はこう乗り切った【体験談】


現在フリーライターとして活動する私は、30代は介護福祉士として施設に勤務していました。介護現場では、マスクをするのは日常茶飯事。「息苦しいから好きじゃないんだよな」と思っていたものの、特に肌に異常を感じることはありませんでした。

「なんだか肌が乾燥してる?」と思い始めたのは、41歳の冬のこと。あぶら取り紙の使用頻度が少なくなり、肌が粉をふいたように白くなってきたのです。それまでオイリー肌だった私が、初めて感じた肌の渇きでした。

ひとまずクリームで保湿をしてみたものの、肌の乾燥は止まりません。ところがある日、1日マスクをして過ごしたところ、夜には顔が真っ赤に腫れ上がってしまったのです! 肌を刺激しないようマスクの着用は控えたいものの、新型コロナウイルスの感染対策が必要ななか、マスクをせずに出かけるのは気が引けます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.