ビューティ情報『【医師監修】太っていると更年期がつらい?女性ホルモン低下以外に原因が!?』

2021年6月16日 23:00

【医師監修】太っていると更年期がつらい?女性ホルモン低下以外に原因が!?

【医師監修】太っていると更年期がつらい?女性ホルモン低下以外に原因が!?


アラフィフの友だちと更年期症状について話すと、それぞれ出ている程度が違うことに驚きます。同じ年齢、同じ女性でなぜ重い、軽いという違いが生じるのでしょうか。産婦人科医の駒形依子先生に教えてもらいました。

更年期症状の根本要因は女性ホルモン低下

【医師監修】太っていると更年期がつらい?女性ホルモン低下以外に原因が!?


最初に、更年期症状とはなんなのか、なぜ起きるのかを知ることから始めましょう。

「生理が終わる閉経の平均年齢は50.5歳とされていますが、この閉経の前5年、後5年を合わせた10年間を更年期と呼んでいます。更年期にはさまざまな体調不良が現れますが、それを更年期症状と呼びます。

更年期にさまざまな症状が現れるのは、加齢により卵巣の機能が弱り、女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)の分泌が減少することが原因です。特にエストロゲンの減少は著しく、不足するとホットフラッシュ(のぼせ、ほてり、発汗など)をはじめ、イライラや落ち込みといった精神症状などさまざまな体の不調を引き起こします」(駒形先生)

更年期症状が起こる原因は女性ホルモンの低下。しかし、症状の程度に個人差があるのはどうしてなのでしょうか。

まずは生活環境、次に性格

更年期女性悩み


更年期症状の程度の違いの原因として、まずは生活環境、次に性格の違いにあると駒形先生は言います。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.