ビューティ情報『過度なダイエットでホルモン低下、骨粗しょう症のリスク増!正しい食事術を解説』

2021年6月14日 23:00

過度なダイエットでホルモン低下、骨粗しょう症のリスク増!正しい食事術を解説

過度なダイエットで女性ホルモンの低下を加速させる恐れがあるとのことです。

一番怖いのは骨粗しょう症のリスク

過度なダイエットでホルモン低下、骨粗しょう症のリスク増!正しい食事術を解説


過度なダイエットで女性ホルモンがさらに低下すると、どうなってしまうのでしょうか。

「40代、50代の女性ホルモン低下で一番怖いのが骨粗しょう症のリスクを高めること。エストロゲンが減少すると、骨密度を低下させてしまうのです。

また、骨は負荷がかかることで強くなるのですが、体重が極端に減ると骨が強くなる仕組みに影響が出ることも考えられます。骨粗しょう症は閉経後に急増し、骨折して初めて気付く人が多い病気。少しでも骨粗しょう症のリスクを抑えることが大切です」(黒田先生)

人生最後のダイエットと張り切り過ぎるのは良くないということです。

40代・50代のダイエット食事術4つのポイント

過度なダイエットでホルモン低下、骨粗しょう症のリスク増!正しい食事術を解説
ダイエットは急激におこなうのではなく、時間をかけておこなうことが重要。そこで気を付けたいのがやはり食事のとり方。ポイントは大きく4つあると黒田先生は言います。

保存料を含む食品を控える
加工食品には保存料が含まれているものが多いですが、保存料は腸にある善玉菌を殺してしまいます。善玉菌がなくなると腸内環境が悪化し、代謝が悪くなって痩せにくく太りやすくなってしまいます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.