ビューティ情報『脂肪がみるみる燃える!MCTオイルのスゴイ効果と使い方【専門医】』

2021年9月15日 23:35

脂肪がみるみる燃える!MCTオイルのスゴイ効果と使い方【専門医】

そのため、分解されやすく、素早くエネルギー源として使われます。その結果、体内に脂肪として蓄積されづらいので、ダイエットに効果的なオイルとして注目されているのです。

中鎖脂肪酸(MCT)を多く含むオイルとしてはココナッツオイルやパームオイルが有名ですが、MCTオイルはこれらのオイルからMCTだけを精製して作った100%MCTのオイルのことをいいます」(黒田先生)。

脂肪を燃焼させて排出する効果も!

脂肪がみるみる燃える!MCTオイルのスゴイ効果と使い方【専門医】


MCTオイルは素早くエネルギーになりやすいのと同時に、体内の脂肪を燃やして排出する作用もあるそうです。

「MCTオイルにはカプリル酸とカプリン酸という成分が含まれていて、これらには脂肪を燃焼させて排出する効果があるといわれています。

通常、私たちの体は体内の糖質を燃やしてエネルギーを産生していて、糖質がなくなったあと脂肪を燃焼させます。しかし、 MCTオイル が入るとケトン体という物質が生まれて、糖質と脂肪を同時に燃やすようになり、しかも脂肪を優先的に燃焼させるということがわかっています。 同じ運動をしても、MCTオイルをとったほうが効率的に脂肪を燃焼できるということです。

このMCTオイルの効果を活用したのが“ケトジェニックダイエット”です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.