ビューティ情報『「諦めていた生え際の癖が目立たなくなった!」美容師のテクニックとは【体験談】』

2022年4月7日 23:40

「諦めていた生え際の癖が目立たなくなった!」美容師のテクニックとは【体験談】

「諦めていた生え際の癖が目立たなくなった!」美容師のテクニックとは【体験談】


子どものころは髪の量が多く、ボリュームがあっても癖などに悩むことはありませんでした。しかし、30代40代となっていくにつれて、襟足など髪の生え際が浮いてきて癖を伴うようになりました。美容院で相談してカットしてもらっても、癖がおさまることはありませんでした。

しかし、なんとなく入った美容院の奇跡の出会いによって、今まで悩んでいた生え癖がまったく気にならなくなった話を紹介します。

生え癖はある日突然現れた

生え際の癖のイメージ


子どものころから髪の毛のボリュームが多く、真っすぐのストレートだった私は、周囲から「きれいな髪の毛だ」と褒められていました。自慢の髪の毛でしたが、30代を過ぎると髪の毛のボリュームも減ってきて、髪のパサつきも目立つようになりました。

年齢だから仕方がないと諦めていたのですが、何十年ぶりかに髪の毛を肩下ほどまで伸ばしてみると、驚くことに襟足の一部分だけ強い癖があることに気付いたのです。うねるような大きな癖で生え際が浮いて、1カ所だけなので非常に目立ってしまいます。

最初は寝癖かな? と思いましたが、きれいにブローをしても剛毛な髪質のせいかすぐに元に戻ってしまいます。ロングヘアを目指して伸ばしていましたが、癖が気になってしまい伸ばすことを諦めてしまいました。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.