ビューティ情報『【お医者さんに聞いてみよう!】Q:転んで尻もちをついた母が腰の痛みを訴えるので受診、圧迫骨折と診断されました。』

2016年12月18日 13:39

【お医者さんに聞いてみよう!】Q:転んで尻もちをついた母が腰の痛みを訴えるので受診、圧迫骨折と診断されました。

目次

・質問:転んで尻もちをついた母が腰の痛みを訴えるので受診、圧迫骨折と診断されました。
・回答:「圧迫骨折」の治療法についてお答えします。
【お医者さんに聞いてみよう!】Q:転んで尻もちをついた母が腰の痛みを訴えるので受診、圧迫骨折と診断されました。

質問:転んで尻もちをついた母が腰の痛みを訴えるので受診、圧迫骨折と診断されました。

先日、転んで尻もちをついた70歳の母が腰の痛みを訴えるので受診したところ、圧迫骨折と診断されました。
幸い症状がひどくなかったことと、本人が拒んだため手術はせず、鎮痛剤を飲んで安静にすることになりました。
けれど痛みが長引き、日常生活の中で痛みで思うように動けないこともあり、不安を感じているようです。やはり、手術をした方がよかったのでしょうか?
神奈川県:もけーれさん(43)

回答:「圧迫骨折」の治療法についてお答えします。

――「圧迫骨折」の保存療法
お母さまが圧迫骨折を受傷されたとのこと、大変でしたね。

圧迫骨折はちょうどお母さまのように尻もちをついたりした際に、縦方向に強い力が働くことで起こりやすいといわれています。また、閉経後の女性はエストロゲンの減少などにより、骨がもろくなりがちですので、そういった影響もあったのかもしれませんね。

圧迫骨折の治療については、お母さまが受けられたように保存的治療といって、症状が比較的軽く、痛みも我慢できる程度であった場合には安静にして様子を見ることもよくあります。コルセットなどで骨折した部分が不安定にならないようサポートし、痛み止めの飲み薬(多くはNSAIDsと呼ばれる非ステロイド性解熱鎮痛剤)を必要に応じて服用しながら、時間をかけて治癒していくのを見守る方法です。

この場合、痛み止めによって胃潰瘍を起こしたりすることもありますから、胃を守るようなお薬と一緒に服用するように指導されることが多いでしょう。ただ、年単位で痛み止めを服用し続けると腎機能が低下したりすることがあるのでこちらも注意が必要です。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.